秋深まり 05.11.25

この時期に帰郷することほとんどありませんでした。納屋の軒下には干し始めたばかりの柿が、朝日に輝いて並んでいました。 小さい頃は食べようともしなかった物ですが、この歳になると(早く食べたいなぁ)と、自然の恵みの凝縮された甘さが楽しみです。
中学校の頃、高い木の柿は屋根に登ってもいでいました。市場に出すと日によってはいいお小遣いになってましたね。

いなかの風景 HOME