久しぶりの雪の正月 04年末-05年始

実は我が故郷、東北と言っても、雪がほとんど降りません。降雪量でいえば東京と同じぐらいです。 帰郷の時はすでに雪道でしたので、少し運転に難儀しましたが、雪姿の故郷を10年以上ぶりに見ました。 雪の日、おもてに飛び出して遊んでいた頃を思いだしました。
大晦日、神様に上げる榊を取りに山に行きます。
「いい榊ねぇごどぉ。」と母はきれいな物を探し回ります。

ねごはストーブの前で動きません。

なまけ物の息子(私)は、雪降る中、縁側を開けて雪見酒に興じます。

ストーブの前が慌しくなると、これまた定番のコタツで丸まります。私もネコになりたい。

年が変わってから、初詣に行きます。
雪は止んで、月明かりも見えてきました。

20年ぶりかな?姪っ子と雪だるまを作りました。甥っ子・姪っ子・叔父の3人でやった雪合戦は腕が筋肉痛に。

1/2の初日の出

元日は天気が悪かったので、2日に海で見ました。

靄がかかっていましたが、なかなかのものでしたよ。

いなかの風景 HOME