定番のお正月 04.正月

最近のお正月はのんびり過ごすことが多いです。年末年始に山に行きたいとは思わないのは良いことかな。 初日の出を見る山は登山ってほどでは無いですけども、まあ正月ぐらいは、まったりいきましょう。
大晦日23:50〜

年に一度の車の渋滞を横目に、近くの神社に歩いて行きます。

神社に着く頃には新年に変わり初詣となります。

懐かしい法螺貝の勇ましい音が鳴り響きます。

その後は市長やら偉い人が餅を投げ、うまく拾って帰って食べることができると、その年は病気知らずで元気に過ごせるとか。
お札を頼んでいた人は名前を呼ばれ、受け取って帰っていきます。
体もすっかり冷えました。家に帰ったらもう一杯やって寝るとするか。

元旦6:30〜

元日の天気予報が晴れならば、暗いうちから国見山へ登ります。太平洋から上がる日の出を見られれば、今年もいい山ができるかな?と思います。

”お煮しめ”も好物。料理が得意な姉が作るものは何でもうまいですが、こういう物が食べたいお年頃な私です。
田んぼの土手を歩けば、正月からふきのとうが採れます。もちろん天ぷら!(みそもいいけど)
まだ小さいですけど、春の香りがギュッと詰まっているこの風味が堪らない。お塩でどうぞ。

いなかの風景 HOME