権現岳  2011/05/14

天女山山頂P      5:50
三ッ頭         8:15
権現岳         9:00着 9:35発
天女山山頂P     11:55

そういえば、この時期の権現岳には登ったことがなかった。2月の雪景色の後は、いつも山頂直下に黒百合が咲く7月ごろに出かけていた。 残雪の展望には少し遅くなったけれど、それを楽しみに出かけた。

天女山駐車場

午前1時前に着いて2本飲んでから車中泊。出かける時は8台になっていた。以前、朝になっても1台の時もあったし、今日は登山日和なんだろうね。

天の河原

富士山は霞んでいた。今日は遠望は利かない日かな。でも間近の南アルプスはきれいに見えていた。


タチツボスミレ 今日の花はこいつだけ。

権現が遠くに尖がっている。

登るにつれ肩が痛くなり始めた。数か月まともに登っていなかったツケか。体重も8kg増えたし何かと体が重い。 前三つ頭への手前で平らな大岩を見つけ、ザックを転がして寝そべり青空を仰ぐ。気持ちいいねぇ。

樹林帯に入ると残雪が少し。アイゼンを出すほどでもないので、足場を見つけながら樹林帯を抜ける。 前三つ頭では霜柱が立っていた。降りてきた人によると、朝方の上の気温は−3℃とのこと。


霜柱を踏みながら三つ頭へ。

三つ頭直下の樹林帯ではさすがに残雪が多い。

そして三つ頭に上がると、この展望がいきなり現れる。このコースの最大の見せ場です。

八ヶ岳連峰、三つ頭にて。

南アルプス、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。

南アもすっきり展望、鳳凰って手もあったかな。足腰が痛けど、だましだまし権現へ。


権現トラバースのクサリ場も雪が消えていた。

回り込んで権現へ。


いつもの剣を確認して先へ。

権現小屋とギボシ。


まったりタイムはギボシとの分岐で。

権現山頂部を振り返り見る。

赤岳−阿弥陀を見ながら、まったりです。山のおにぎりは美味しいね。

八ヶ岳連峰、権現岳にて。


八ヶ岳、蓼科へ