権現岳(八ヶ岳) 2715m 07.02.17
晴れ
天女山入口ゲート−権現岳往復

テント泊の予定がまた日帰りになってしまった。天気が早く悪くなりそうなら引き返そうと考えていた三ッ頭では、 見事な雪化粧の八ヶ岳の峰々が並んでいた。

このコースでは唯一の注意点と言える権現直下をトラバースする箇所は、ストックをピッケルに持ち替え慎重に行く。 権現岳山頂部の岩群は氷で覆われていた。それでも今日の温度は−8℃。そりゃ高尾山でもスミレが咲く訳だ。

下山途中の三ッ頭近辺で4人(単独x2,2人組x1)と1匹の犬と出会う。 さすがに土曜日、貸切の権現岳とはいかなかったが静か過ぎる山だった。

結局スノーシューは背負ったまま。土曜の入山なのできつい日帰りになるはずが、締まった雪のおかげで助かった。

今度冬期に来るときこそテントを背負ってくるぞ。

天女山ゲート  5:15
三ッ頭     9:00
権現岳    10:30着 11:15発(写真撮影)
三ッ頭    12:05着 12:30発(昼食)
天女山ゲート 14:35

町の夜景。天ノ河原より。05:55
いつもなら雪原になっている場所なのに。麓では最近降ってないんですね。
この後しばらくはガスの中を登ります。
雲海に浮かぶ金峰山。07:15
黙々と登り続けガスの上に出ると、素晴らしい朝の光景でした。

甲斐駒と仙丈
前三ッ頭の手前で展望地に出ます。
振り返ると富士
→クリック拡大

前三ッ頭から見る三ッ頭
雪が深い時の日帰りでは、ここで敗退した時もあり。
南ア方面

三ッ頭下の幕営適地
もちろん積雪期だけ。この辺りでは数張いけます。

そこから眺める展望はこんな感じ。

私の踏み跡のみ
爽快な気分で気持ちいいです。
八ヶ岳の峰々
三ッ頭の展望もなかなかです。→クリックで拡大

権現岳
尖がってます。直下のトラバース面がよく見えています。→クリックで拡大
権現直下より振り返って
まだ人影は無し。一番先のコブが三ッ頭です。
→クリックで拡大

権現山頂付近
氷雪の世界でした。こうでなくっちゃね。
権現岳にて
あの、実は、冬ジャケット忘れてきちゃって、モンベルのインナーダウン着てます。なので真っ黒クロスケ。

権現小屋とギボシ
いつかは青年小屋で張ってギボシ越えで来てみたい。穂高から白馬三山まで眺められた。 →北ア全山拡大
氷雪その2
山頂部を北側から見ています。荘厳な光景でした。
→クリックで拡大

八ヶ岳の盟主

左から阿弥陀岳−中岳−赤岳と並ぶ。奥には横岳と硫黄岳。権現で一番楽しみな展望です。 あの有名な長い鉄ハシゴも右に見えますね。

→クリックで拡大

犬のルビーちゃん
三ッ頭近辺で4人(単独x2,2人組)と1匹の登山者とのと出会い。犬と遊ばせてもらいました。

ゲート横の駐車場は約7台の収容。

山梨百名山へ HOME