編笠山・権現岳 2523.7m / 2715m 00.10.14
晴れ
観音平〜編笠山〜権現岳〜三ッ頭〜観音平

前回は網笠山〜青年小屋経由で観音平まで戻ったが、今回は権現岳まで足を延ばして三ッ頭を回って観音平まで戻るコースとした。 長丁場の為、薄暗い森の中を歩き始めた。網笠山までは黙々と登ってすぐに到着。ここからの展望はいつ見ても素晴らしい。

権現岳への登りの途中では間近にせまる迫力の阿弥陀岳。2,3箇所のクサリ場を過ぎるとギボシの直下に出る。 権現岳の頂は大きな岩が重なり合い錆びた剣がささっている。三ッ頭からの八ヶ岳も良く最後の休憩にした。

観音平  5:36
編笠山  7:45
権現岳 10:40  11:20発
三ッ頭 12:05  12:20発
観音平 15:20

雲海展望台より

富士山の展望台ですね。

南八ヶ岳

編笠山からの展望です。手前がギボシと権現岳、奥の右が八ヶ岳最高峰の赤岳、一番左が阿弥陀岳。

今日の天気

編笠山より振り返ってみた。言う事なし。

友人と

右が私。左が野球バカのみやちゃん。

ギボシ・権現岳

ギボシ手前のピークより。中央右には権現小屋が見えます。

編笠山

クサリ場上より編笠山を見る。クサリ場はさして危険ではありませんが落ちたら止まりません。 中央に青年小屋が見えます。向こうの山並みは南アルプスです。左端が甲斐駒、その右が仙丈です。

赤岳・阿弥陀岳

権現岳付近より。一番高いのが赤岳。その左肩にかかって見えるのが横岳、その左の遠くのなだらかのが硫黄岳、左の高いのが阿弥陀岳。
秋の色になっていますね。

権現岳

頂上には大岩があり剣が刺さっていた。頂上まで登れます。

稜線

権現岳から下り始めました。三ッ頭方面は左側が雲がかっています。

三ッ頭からの南八ツ

左の尖っているのが権現です。権現周辺は赤岳周辺に比べれば人も少なく静かなところです。

八ヶ岳・蓼科へ HOME