日向山 1659.6m 2007.01.14
晴れ
登山口横駐車スペースP−錦滝−日向山−登山口

ロッジ山旅で一夜を過ごし、翌日は付近のお手軽な山として日向山を選んだ。 但し、冬期は登山口までの路面が氷化した道になるので車のアプローチが不安な場合は大人しく夏場に出かけましょう。 (実は帰りの下り道で死にそうになりました。四駆でチェーン巻いているのに。)

登山口の横の駐車スペース(5,6台)に車を止め、まずは林道を錦滝まで慣らしの歩き。 林道といっても樹林の間からは、雪をまとったピラミダルな甲斐駒が見えて、昨日の宴会のことなど話しながらの楽しい歩きだ。

東屋が見えると錦滝に到着。完全氷結した滝から急登が始まり、汗を拭きだしながら体に残ったアルコールを飛ばして必至に登る。

雁ヶ原は素晴らしい展望と高度感。白砂のちょっとした尾根道はアルプスの一峰にいるようだ。

後は樹林帯の尾根道を緩やかに下っていくと、駐車した登山口へ降りられる。 CTわずか2:40だけれども、いい山だと思いました。初心者を山へ引き込むにはお手頃かな? 麓には、道の駅や名水公園の温泉があるし、帰りの国道にはサントリーの白州工場もあるので、一日楽しめる山旅計画になるでしょう。

林道を歩いて錦滝へ向かいます。 林道からは甲斐駒ヶ岳も見えます。
林道を歩いて錦滝へ向かいます。このコースは登りをこちら側に取った方がオススメ。 林道からは甲斐駒ヶ岳も見えます。

東屋から登山道へ入ります。 錦滝を眺めながら急登の始まり。
東屋から登山道へ入ります。 錦滝を眺めながら急登の始まり。

かなり急で、下り方向だとこの時期危険です。 梯子もあり
かなり急で、下り方向だとこの時期危険です。 梯子もあり

急に視界が開けて青空と白砂の台地が現れます。 雁ヶ原
急に視界が開けて青空と白砂の台地が現れます。 雁ヶ原

雁ヶ原から日向山山頂を見る。左後ろは八ヶ岳です。

先行したお仲間。 山頂(展望地)にて。左から、私、山猫さん、つばささん、いのっち、まきくまさん、ぜいぜいさん、K林さん、ゆーたくん。
先行したお仲間。 山頂(展望地)にて。
左から、私、山猫さん、つばささん、いのっち、まきくまさん、ぜいぜいさん、K林さん、ゆーたくん。

日向山から雁ヶ原を見る。

下りはご覧の様な道をたったか下り続けるだけ。 登山口へ降ります。
下りはご覧の様な道をたったか下り続けるだけ。 登山口へ降ります。お疲れ様。

山梨・長野へ HOME