猫魔ヶ岳
 2011/02/05

裏磐梯猫魔スキー場
雄国第1Aトリプルリフト上部   9:55
猫魔ヶ岳            10:45
1312ピーク         11:25
駐車場             12:05

この週末は福島県裏磐梯へ遠征。現地集合なので多摩組は金曜深夜に現地入りして、いつもの車中宴会・いつもの飲み過ぎ。 まゆ太リーダーの計画では、天候見合いで以下の雪遊びとのこと。
・西吾妻山スノーシュートレッキング
・猫魔ヶ岳スノーシュートレッキング
・磐梯山イエローフォールスノーシューツアー
・雄国沼(どの沼でも良いが)スノーシューツアー
山のぼらーとしては上から二つ目までの案で、ピークを踏む山行をしたいところだ。

2日目の天候が良さそうだし、今日も大崩れはなさそうなので、初日は猫魔ヶ岳のお気楽コースに決定。 裏磐梯猫魔スキー場の駐車場で合流してリフトで稜線まで。

ゲレンデトップからは、間近に見える磐梯山はやや霞んでいるものの、猫魔へ続く稜線はくっきり見えている。 おお〜猫魔ヶ岳日和だね、なんて調子のいいことを言いながら、大人数が通った踏み跡をなぞって出発した。


ゲレンデトップから見る会津磐梯山

ゲレンデトップから猫魔ヶ岳へ続くトレース


冬の週末は滑ってばかりのゆきさん

右手には雄国沼が見える

猫魔ヶ岳が一望出来る所まで来ると、猪苗代側から薄暗い雲が頭上を覆い、いつの間にか雪降り模様に。 一旦下った後の猫魔ヶ岳への登り返しでは、「歩き始めに猫魔ヶ岳を見られて良かったね」と、笑いながら山頂へ。

あの一番高いのが猫魔ヶ岳。

先ほどからチラチラ見えていた約20人の団体に山頂付近で追いつく。 話を聞くと、むさしの山荘のツアーということだった。私も山道具をいろいろと購入したことがある店で、ご主人(2代目さんかな?)も最後尾に加わっていた。 冬場はスノーシュー遊びで裏磐梯によく行きますと聞いていたが、猫魔で会うとはね。


山頂へ

稜線は雪降りに

山頂まっしろ

先頭に立つ

まっ白の冴えない山頂で集合写真を撮った後は、団体さんの先を行かせてもらう。すると途端にノートレースに。 雪降りで展望はさっぱりだが、尾根通しなので迷うような場所も無く、まっさらな雪面を雪遊びしながらそれらしき方向へ進む。

程なくして右手のすぐ下にアルツ磐梯スキー場のリフト終点が見えてきた。登山地図を見ても稜線まで伸びていることが判る。 ポイントとしては、このリフトを過ぎてから10〜15分ほど尾根通しを歩くと、低木の樹林に覆われた1312ピークがあり、猫魔の駐車場に戻る為には北北東へ続く緩やかな尾根に折れなければならない。 このピークから伸びる尾根は明瞭ではないので、磁石を合わせながら進むことになる。

※今回のコースは以下地図参考


1312ピークにて

樹林帯の小高い丘です。ここで方向を北北東へ変えます。

猫魔彷徨

雪は小降りになったけれど、かわりにガスが漂い視界が利かずまっ白に。

さまよう様にトレースが無い雪山を歩く。

やがてリフトの音が聞こえてきたら、いきなりゲレンデトップへポンと出た。後はゲレンデ脇の雪深い森を勢いよく下って駐車場へ。

ゲレンデ脇のブナにて

今日のメンバーは、まゆ太さん、えんちゃん、ゆきさん、まきくまさん、私の計5人。この下りがけっこう面白かった。

天気が悪いせいもあるが、ちょうどお昼に下山できた。今日の宿は猪苗代側の温泉施設なので、お昼も猪苗代側に出たところで喜多方ラーメン。チェーン店でも美味しく頂けた。 100円でチャーハンが付くのがいいね。


お昼ご飯は喜多方ラーメン

宿では個室を取れて2月生れの誕生祝い。どもです!

コース的にもお手軽。もちろん天候に大きく左右されるが、次回は晴れを狙って猪苗代湖や、磐梯・吾妻などの山岳展望も期待して、また歩きたいと思う山だった。


東北へ