吾妻連峰縦走
 2008/10/12-13
1日目:兎平P-谷地平-東大巓-人形石-西吾妻山-西吾妻小屋(泊)-西大巓往復
2日目:西吾妻小屋-東大巓-烏帽子山-一切経山-東吾妻山-景場平-兎平P

1日目 10/12
兎平駐車場             5:45
浄土平               6:05
鎌沼                6:45
谷地平避難小屋(やちだいら)    8:00
東大巓分岐(ひがしだいてん)   10:10 10:20発
人形石              12:10
西吾妻山             13:30
西吾妻小屋(泊)         13:40 13:55発
西大巓往復(1時間)

忘れられない思い出が残る高湯温泉を抜け、無人の料金所を通過して磐梯吾妻スカイラインをひた走る。 路肩には、朝焼けを待つカメラマン達が立ち並び、それを横目に曲がりくねった車道を進んでいくと、 やがて荒涼とした山肌が目の前に現れて、もうひと走り、登りきった台地が浄土平だった。

今回車を停めるのは、少し先の兎平駐車場になる。無料ということもあるし、二日目の行程から考えると、車の回収に都合がいい。

今にも夜が明けそうだ。身支度のため急いで車の外に出ると、昨晩確認した予報通りに、ものすごい風が吹いていた。 でも、駐車場からは、白んだ空に一切経山のスカイラインがくっきりと見えていたので、ザックを背負って意気揚揚と出発した。

兎平駐車場 吾妻小屋 一切経山の夜明け
兎平駐車場 吾妻小屋 一切経山の夜明け


浄土平駐車場

今日は稜線沿いに歩いて、西吾妻小屋までのロングコース。だが、浄土平まで来ると、あれれ、稜線にもの凄い勢いでガスが覆いかぶさり、辺りは一気に暗くなった。

高台から浄土平を見下ろすと、下界にも雲が溜まっていた。
浄土平駐車場

一切経山と鎌沼の分岐でしばらく様子見したが、勢いよくガスが流れてどうにも不安な天候だ。 仕方無い、明日の復路と考えていた谷地平を経由するコースで、西吾妻まで行くことにしよう。 一旦、谷地平まで降りて、東大巓分岐の稜線へは数時間後に出るので、少しは風もましになっているかな?

鎌沼まで上がると、風を遮るものが無くなって、体がよろけそうな強風になった。 水面を渡って吹き付けてくる風がとても冷たくて一気に凍える。霜が白く付着した木道をよろけながら歩いて行く。

下草が色付く 酸ガ平 鎌沼 寒々しい風景だ
下草が色付く 酸ガ平 鎌沼 寒々しい風景だ

逃げるように谷地平へ下る樹林帯に駆け込む。 でも、ここからも安心できない道で、ぬかるみと木の根と岩ゴロの道を、何度も滑りながら降りていく。 小さな沢を2,3度渡り、わりと大きな沢の渡渉点までくると、対岸に谷地平避難小屋が見えていた。

落ち葉の道 木の根につまづきながら歩く 川に出ると避難小屋が見える
落ち葉の道 木の根につまづきながら歩く 川に出ると避難小屋が見える


谷地平避難小屋

小屋は川沿いにひっそりと建っていた。内部はきれいなのだがトイレが無い。
谷地平避難小屋

駕篭山稲荷の分岐を右に折れ、すっかり笹に覆われた木道を抜けると、目の前が開けて谷地平に出た。

湿原には、人けが全く無く、忘れ去られた場所を歩いている様で、変な気分になりながら木道をぽくぽく歩く。 一度、湿原が陽光に照らされて、見頃を過ぎた草紅葉がパァーっと明るく輝くが、またすぐに枯草色の寂しげな風景に戻った。

谷間に突然現われる谷地平湿原 一時は日が射したのだが・・・
谷間に突然現われる谷地平湿原 一時は日が射したのだが・・・

山奥の侘しい湿原を後にし、東大巓へと続く大倉新道へ歩き出す。また何度か渡渉を繰り返し、徐々に鬱蒼とした森になっていき、所々笹を掻き分けながら進む。 樹林帯は風の影響を受けないのはありがたいが、ゴーゴーと森が唸りをあげ、熊鈴が一切役に立たないような音に、すっかり気分がめいってしまった。

石ゴロの沢を渡る 道は細い 登山道を笹が覆う
石ゴロの沢を渡る 道は細い 登山道を笹が覆う

「道迷いに注意!」と書かれた道標を何度か見た。とにかく踏み後を見失わないよう、細い道とぬかるみの道が交互に続く登山道を注意しながら歩く。

しばらく我慢の歩きを続けていくと、登山地図の1720地点で沢を渡る辺りから、樹木の背が低くなり空が開けてきた。 小沢に沿って付けられた道を歩き、小さな湿原地帯を過ぎると木道が現われ、ついに誰1人とも出会うことなく、東大巓分岐に到着した。

1720で横切る沢 大小の湿原を通る やっと東大巓分岐へ
1720で横切る沢 大小の湿原を通る やっと東大巓分岐へ

分岐の道標の前で、昼ご飯がてら大休止。薄日に照らされた木道に座り込んで、日光のありがたみをしみじみと味わう。 この登りでは思いのほか疲れた。天気は回復傾向にあるようで、温度も上がってきていたし、このまま横になればすぐに寝てしまいそう。

東大巓はガスの中に見え隠れ。少しは風も落ち着いたかな?と期待しながら登っていくと、突風と共に何かが飛んできて顔に当った。 「痛っ!」とよく見てみると、稜線のアオモリトドマツの枝に透き通った氷が張り付き、強風にあおられる度にバラバラっと割れて飛んでいた。

東大巓へ アオモリトドマツ(オオシラビソ)の枝に着氷している 東大巓のピークは樹林帯の中
東大巓へ アオモリトドマツ(オオシラビソ)の枝に着氷している 東大巓のピークは樹林帯の中

考えていたより天候の回復が遅そうで少しがっかり。登山道から数m脇の東大巓山頂を往復した後は、今日の楽しみを晩酌だけに求めて先を急ぐ。

弥兵衛平の木道
弥兵衛平の木道

ガスに包まれた湿原にまっすぐ伸びる木道を行く。

たぶん周りはきれいな景色が広がっているんだろう。明日は晴れてくれよ。


藤十郎へ

藤十郎の分岐へ近付く頃に、だんだんと日が射すようになってきた。 西吾妻のピークは相変わらずガスに包まれているが、周囲の地塘や草原がきらきらと光るのを見ると、 それだけで気分が明るくなり足取りも軽くなる。
藤十郎へ

青空を映す地塘 いろは沼周辺 人形石は、またガスの中。まあいいか
青空を映す地塘 いろは沼周辺 人形石はガスの中。まあいいか

人形石は岩だらけの殺伐とした風景で、何人かの登山者が休んでいた。ここまですれ違うことが少なく、人を見ただけでも賑わっているような感じがした。 ここ(中大巓)は、天元台スキー場のリフトが真下まで来ているので、最高峰の西吾妻山を目的に気軽に登る日帰り登山が多いのかな。

大凹(おおくぼ)の湿原
大凹(おおくぼ)の湿原

人形石から木道を下っていくと、石が敷き詰められ整備された道に変わり、さらに大凹へは長い木道に変わる。

前方には湿原の中をカラフルな登山者達が歩いていた。


大凹の水場

登山地図によると水場があったはず、と周りをきょろきょろ探しながら進むと、登山道が湿原地帯から森の中へ入る境目に、水しぶきをあげる水場があった。 秋なので涸れているのでは?と心配していたが、上方から水量豊かに流れ落ちていた。今日の晩と明日朝用を補給。
大凹の水場

水場から梵天石までは、滑りやすい岩とぬかるみのミックス。 この辺りから、軽装の登山者とのすれ違いが多くなってきた。ほとんどがスキー場のリフトを使った日帰り組だと思うが、スニーカーなどで歩くのは難儀な場所だと思う。

梵天石もガスの中。西吾妻山も全く見えないが、明日の行程を少しでも短くしたいので登っておくとするか。

泥んこの登山道
泥んこの登山道

梵天石と西吾妻山の鞍部に降りると、かなりの悪路。 水溜りも出来ていて、転ばない様に渡っていくことに苦労した。


西吾妻山山頂

泥んこになりながら霧氷のついた登山道を進み、ぽんと出た樹林に囲まれた小さな広場が西吾妻山の山頂だった。 晴れでも曇りでも関係無いピークだなあ。

山頂で休んでいた登山者に、一応写真を撮ってもらい、すぐに小屋の方へ歩き出した。
西吾妻山山頂

やっと着いたぞ〜
小屋が見えた〜

目の前を流れるガスが途切れると、草地の中に続く木道とその先に、雨具を着込んだ登山者の一団と小屋が見えてきた。

ふう、やっと着いたぞ。

もう満員なの?と少しあせりながら近付いていくと、雨具の一団は小屋周辺の木道で休憩をしているだけの若者達だった。 あーよかった。集団の間を抜けて小屋の前へ。小屋の外観は古臭い雰囲気だ。中も外観と同様な感じだが、宿泊には十分適している。

小屋は二階建てで、快適な収容人数は20人程度。1階にはザックが数個置いてあるが、小屋の中には誰も居なかった。 掃き掃除をしてから1階窓際にマットとシュラフを敷いてほっと一息。

さて、時刻は13:50。山行計画では西大巓に行くかどうかは不確定としていた。空身で往復すれば1時間と少しぐらいだろう。 このまま飲み始めるには酒が足りないので、水場の確認も兼ねて行ってみることにした。

西吾妻小屋 避難小屋扱いです 小屋内部 1階 西大巓へ
西吾妻小屋 避難小屋扱いです 小屋内部 1階 西大巓へ

荒れた原っぱのような道を下り、またぬかるみの樹林帯を抜けると鞍部の対面に西大巓が見えてきた。 鞍部に降りて水場を探すがそれらしきものは無く、ガレた斜面から滴り落ちるしずくのようなものだけだった。 もう少し谷の下まで降りれば、水場と呼べるものがあるのかも?

西大巓まで登ると軽装の親子連れが休んでいた。 私にすれば、過酷な長い一日の最後のピークなので、その親子連れの雰囲気に違和感があったが、 グランデコスキー場のリフトを使えば1時間半で登れるピークなので、親子連れにしてみればピクニック気分なんだろう。

相変わらずぱっとしない天気なので、すぐに切り上げて小屋に戻った。


夕食はワインとチーズとパン

たまにはいいもんです。寒い時期ならば、ワインを余らせてホットワインでも楽しめるし。 まあ、余らせることはないんだけども。

ワインの他は、ビール、焼酎と、いつもの如く続きます。
夕食はワインとチーズとパン

最終的に小屋の入りは、1階が私と年配の6,7人の団体で、2階は5,6人ほど。秋の連休のわりには不思議と空いていた。

夕食が終わって持参の酒がわずかになる頃、「お兄さん、こっちでいっしょにやらない?」とのお誘いが。 私もその輪に加わり、山の話をしながらおでんを頂いていると、窓枠がオレンジ色に光っているのに気付いた。

お、もしや?と、小屋の表の木道を駆け上がり、高台まできたところで振り返れば、上空に残る雲が夕日に染まっているところだった。

雲海の向こうには飯豊連峰が浮かんでいた。遅れて出てきたおでんの一行と共に、明日へと続く美しい夕景を暗くなるまで眺めた。

木道と西吾妻小屋と飯豊連峰と夕雲と。
木道と西吾妻小屋と飯豊連峰と夕雲と。

酒をちびちびやりながら、シュラフに入って地図のCTを計算してみると、明日予定のコースは11時間ほどになった。 (ほへーそんなに歩くのか、明日は早起きしなきゃねー)と他人事の様に考えながら横になれば、 一日の疲れに酔いも手伝って、夕景の余韻に浸ったままに眠りに落ちた。

2日目ヘ