蛭ヶ岳 1672.7m 06.05.21
晴れ→曇り
戸沢出合−書策新道−塔ノ岳−蛭ヶ岳−塔ノ岳−花立−天神尾根−戸沢出合

急に予定が空いたので、来年持ち越しにしていたコイワザクラを見に行こうかと、以前、山仲間に教えてもらっていた蛭ヶ岳へ出かけた。

少し道が悪いが戸川林道終点まで車で行く。車高がある車ならば問題はないだろう。作治小屋を越えると左手に河原に降りる道があり、降りたところが広場となっていて駐車できる。

あまり丹沢は歩いたことがなかったが、以前から書策新道(かいさくしんどう)は、いい登山道だと聞いていた。 実際に歩いてみると、つづら折りの急登の後に、気持ちの良い明るいブナ林をトラバース気味に歩き、小さな沢の徒渉も何度かあり、沢を登ったり、滝も出てくる。 うまい水場もあるので言う事なし。丹沢初心者の私には変化があって面白いコースだ。

塔ノ岳ではなんとか富士山が見えていたが、天気は予報よりも早く崩れて、10時過ぎには稜線は雲の中になった。 目的のコイワザクラは少し見頃を過ぎていたが、日陰側はきれに花を付けていて、サクラソウ科はやっぱりかわいいなぁと1人しみじみ。

丹沢山から下りて行くと「たけさんだ!」と下方から声が聞こえてくた。声の方を見てみれば、何度目かの山中ばったりの、山猫さん・K林さん親子。 ヒザが故障して歯をくいしばりながらの下山だったが、共に下ったばったりメンバーの話の楽しさに救われた。

林道アプローチ参考サイト

戸川林道 戸沢出合  6:00
−書策新道−
塔ノ岳        8:20
蛭ヶ岳       10:45  10:55発
天神尾根分岐    14:00
戸川林道 戸沢出合 15:05

河原の広場に停めます。正式な駐車場ではないのでご注意を。 林道を奥まで行くと、右手の川沿いに入る書策新道への古い案内板があります。

急登を終えると山腹を巻くブナ林の明るい道になります。 徒渉は何度かありますが、またいで渡れるほど細い沢です。

白竜の滝 滝から少し上へ行くとおいしい水場があります。

今は廃屋になった書策小屋の前から、三ノ塔を見る。 ハコネシロガネソウ  箱根白銀草
キンポウゲ科 シロガネソウ属

塔ノ岳から。 鍋割山と富士山。 日高(ひったか)付近の稜線。

左のピークが不動ノ峰。日高付近にて。 フデリンドウ 筆竜胆

左のピークが不動ノ峰
不動ノ峰手前は笹原の明るい道です。
蛭ヶ岳へ
鬼ヶ岩から。

コイワザクラ 小岩桜
鬼ヶ岩付近にて。
コイワザクラ 小岩桜
鬼ヶ岩付近にて。

ミツバコンロンソウ 三葉崑崙草 ヒゲネワチガイソウ 髯根輪違草

丹沢・箱根へ HOME