尾瀬ヶ原 1400m 2011.06.04
晴れ
鳩待峠−尾瀬ヶ原周遊

翌日に丹沢ボッカ駅伝があるので(ってサポーターだけども)軽ーく尾瀬へ。軽くといっても山中に約7時間にいたので立派な山行ですね。

水芭蕉で言えば全体的に見頃を過ぎている感じでしたが、そこは尾瀬ですもん、どこでも美しい景色が広がっていました。

鳩待峠           5:09
竜宮十字路         7:18
ヨッピ橋          7:55
見晴            8:45
鳩待峠          11:52

尾瀬第一駐車場 4:30
駐車場1000円、鳩待往復1800円、、、やっぱり富士見下がいいね。

鳩待峠 5:09

残雪の至仏山が見えます。

木道のほんの一部(片側だけ)が雪の下。

最初の水芭蕉です。 早朝の山ノ鼻はとっても静か。5:44

尾瀬植物研究見本園。 尾瀬植物研究見本園。

尾瀬植物研究見本園。 尾瀬植物研究見本園。

リュウキンカ 立金花
キンポウゲ科

山ノ鼻に戻ってみると人が溜まり始めていました。6:15

上田代から燧遠望。 上田代の池沼。

牛首手前の上ノ大堀川。 牛首分岐。

中田代。下ノ大堀川。誰が撮ってもいい絵になります。 中田代の白樺。

中田代から見る至仏山。 竜宮の木道。

竜宮十字路。7:18 長沢尻の水芭蕉。

ショウジョウバカマ 猩々袴 ユリ科 竜宮−ヨッピ橋間の池沼。

ヨッピ橋。7:54 朝クマが出たので、東電尾瀬橋までは自己責任にて通行とのこと。

ヨシッ堀田代。 東電小屋。営業していますが尾瀬はどうなるんでしょか。あの企業にでも支援してもらって、ソ○トバンク小屋とか。8:06

東電尾瀬橋前の湿原。 東電尾瀬橋の上から。雪どけで水量豊かです。このまま三条ノ滝となって只見川となります。

ヒメイチゲ 姫一華
キンポウゲ科

ワタスゲ 綿菅
カヤツリグサ科
花よりふわふわの果穂の方が有名ですね。

見晴方面へ折れると木道が水芭蕉に囲まれます。 見晴へ。

見晴の天場です。7〜8張ほどのテントがありました。今シーズンはバイオトイレ工事の為営業しない予定でしたが、震災影響もあり工事が延期になっているようで当面は営業するとのことです。 夏以降に工事再開するかもしれないので、事前に尾瀬保護財団のHPなどで確認してく下さい。※上記情報は、すいすい尾瀬なびの4/21の記事より。 見晴の無料休憩所にておにぎり。8:45

見晴前の木道。 ザゼンソウ 座禅草 サトイモ科。六兵衛手前にて。

竜宮十字路に戻って来ました。9:17 小川沿いに咲く立金花。

「誰が撮っても絵になる」ポイントは大賑わい。 私も混ざって今度はずらして撮ってみました。

上田代に戻って振り返ると、反対側の木道が今から原へ向かう人ですごいことになっています。 尾瀬植物研究見本園から。

オオバキスミレ
大葉黄菫 スミレ科

鳩待峠。11:52
休む間もなく乗合バスに乗れました。

尾瀬・日光へ HOME