アヤメ平・尾瀬ヶ原 1969m / 1400m 06.10.10
晴れ
富士見下P−アヤメ平−長沢新道−中田代−上田代−長沢新道−富士見下P

10月の3連休は北アルプスの唐松の小屋で風雪に閉じ込められて終わった。 休養の為に付けていた休暇は、敗退に終わった山のうっぷんを晴らすべく秋の尾瀬に向けられた。

この時期は尾瀬が一番輝く時だと思う。水芭蕉やキスゲもいいが秋色の尾瀬にはかなわない。ま、好みもあるだろうが。

三連休明けの平日なので人が見られるのは尾瀬ヶ原のメインストリートのみ。 ヨッピ橋の方へ回ると人影がなくなり小屋閉め後の尾瀬を歩いているようだ。 昨日の朝は新雪の雪山に驚いていたのが不思議に思えるような暖かい一日。

あとわずかで尾瀬も雪に閉ざされる。その最後の輝きに照らされていたら、失敗に終わった山のことなどいつの間にか霞んで消えてしまった。

富士見小屋へ続く林道の紅葉 林道からアヤメ平の稜線を見上げる

至仏と池塘群 アヤメ平にて 右に景鶴山、中央奥は平ヶ岳 アヤメ平にて

長沢尻付近のブナの黄葉 尾瀬ヶ原と至仏山 竜宮十字路にて

燧ヶ岳と朽ちた木道 中田代にて 白樺と池塘に浮かぶ未草の紅葉

燧ヶ岳と池塘の秋 至仏山へ続く木道 牛首三叉路付近にて

至仏山と池塘 上田代にて 池沼群 上田代にて

逆光に輝く草紅葉 竜宮付近の紅葉

頭上には三色の屋根 長沢尻にて 富士見田代の二つの空

尾瀬・日光へ HOME