会津駒ヶ岳 2133m 04.07.03
晴れ
駒ヶ岳登山口−駒ノ小屋−会津駒ヶ岳−中門岳−駒ノ小屋−駒ヶ岳登山口

檜枝岐村までは高速を下りてからが長い。日帰りの予定では来るもんじゃないなと車を下りて伸びをしながら思った。

今日はキリンテへ下山する予定(実際はピストンしてしまった)なので、登山口から50mほど離れた国道沿いの運動場脇の駐車場に停めた。 歩きだそうとしたら上の駐車スペースまで車で向う登山者のご好意で取付まで乗せてもらう。上は路肩を合わせると20台は楽に停められそうだ。

取付の木の階段を上がり急登の登山道を登る。想像より明るい道だったが今日のように登山者が多く入る日以外は熊が恐い。木々の隙間から大きく横たわる山体が見えてきた。 やがて樹林が低くなり、パッと視界が開けると、山頂まで続く草原状の道となる。

駒ヶ岳山頂は低いシラビソに囲まれていて展望が無い。中門岳に向う為樹林帯を抜けると、なんとまあ、思わずほほが緩む高層湿原のゆるやかな稜線が目に飛び込んでくる。 まだ残雪が多く花は少なかったが静かな木道をゆっくりと歩く。こちらの方へ足を延ばす人は少ないようだ。

中門大池のほとりはハクサンコザクラのお花畑になっていた。何かの読み物に神々が住まうところなんて書いてあったが、さもありなんという思いを私も持った。

駒ヶ岳登山口    5:25
(木の階段)
駒ノ小屋      7:25 7:30発
会津駒ヶ岳     7:55
中門岳散策     8:50発
駒ヶ岳登山口   11:05
下の駐車場    11:30

取付の階段

ブナの巨木
光に透けた緑がきれいです。

サンカヨウ
透き通るような白さ。

さあ展望が開けました。

会津駒ヶ岳

右に伸びる稜線には登山道が付いていません。中門岳は裏側です。

草原と木道

草原の道はいいですね。駒ノ小屋も見えてきました。

登山者

写真を撮ってのろのろしていたら後から歓声が聞こえてきました。その気持ち、よーく解ります。

チングルマ

ハクサンコザクラ?
花付きがよすぎますね。でも葉を見るとオオサクラソウってわけでも無いし。?

尾瀬方面

今日は燧もよく見えています。

駒ノ小屋
高台にあります。下には登山者が憩える大きなテーブルがあります。

小屋から山頂へ続く木道

駒ノ大池

駒ノ小屋の2階からならばいいアングルになるでしょう。泊まりの時の朝夕に眺めてみたいものです。

駒ノ小屋と大池
駒ヶ岳への途中で。

ミヤマキンポウゲ

ハクサンシャクナゲ

会津駒ヶ岳
おニューだが丈が短くて失敗したロンT。

中門岳へ続く稜線

はい、幸せな道です。

残雪
木道はまだ所々雪の下に消えています。

池塘を縫うように伸びる木道

中門大池

標識は中門岳。ここで早いお昼にしました。

ハクサンコザクラのお花畑

そんなに大きな規模ではないですがご覧の通りです。

中門岳

ここで木道はぐるっとループしています。寝る登山者2人あり。そりゃ寝ますって。

会津駒ヶ岳

中門岳より。ここから見ると霞んでいますね。

ここで予定変更。時間もあることだし、登山口までピストンに変更して早く戻り帝釈山・田代山へも登ることを決定。さあ、急ぎます。

ハクサンコザクラ

また眺めてから下山しました。

尾瀬・日光ヘ HOME