横尾山 1817.9m 05.05.21
晴れ
信州峠P−横尾山往復

御陵山の帰りにせっかくなので登ってみた。スミレの女王、サクラスミレが咲く明るい落葉樹の森を登っていくと、迫っていく私の足音にびっくりしているご夫婦と目が合う。 ん?と思ったら、どうもちょっと前に熊と遭遇したらしい。だんなさんは、「ここは何度も登っているのに、こんなことは初めてだ!びっくりしたよ〜」と興奮気味。 奥さんの方は「何よ、小さくてかわいいもんだったじゃない、恐がりなんだから。」天候もご夫婦もあったかい。

熊も出るぐらいなので今日の横尾山は静かな方なんだろう。程なく山頂手前のカヤトの原にでた。おぉ、この開放感は一級品だ、なかなかこんな山は無い。 先ほど登っていた御陵山−天狗山−男山の連なりと、その背後には御座山。八ヶ岳は山頂にやや隠れているが、南アと富士も眺めることができるし、目の前には奇岩が折り重なる瑞牆山と五丈石がシンボルの金峰山だ。 峠から小一時間で登れるのでハイキングにもいい。

山頂はちょっと木に囲まれているので、腰を降ろさずにカヤトの原に戻って昼食にした。

信州峠P  9:05
横尾山  10:30 手前の丘でまったり
信州峠P 時間は忘れちまったい

信州峠駐車場
収容10台ほど。
登山道

サクラスミレ(桜菫)
スミレの女王と呼ばれています。
頂上手前のカヤトの原

この丘のようなカヤトの原が横尾山の特徴ですね。

山頂(前方の林)の後には八ヶ岳 フデリンドウ(筆竜胆)

ミヤマエンレイソウ(深山延命草)
シロバナエンレイソウとも。
ヒメイチゲ(姫一華)
可憐ですねぇ。

横尾山頂 瑞牆山、金峰山
カヤトの原に戻って。

男山、天狗山、御陵山、御座山方面 富士山遠望

奥秩父・奥武蔵へ HOME