浅間山(東京都府中市) 79.6m 06.05.02
小雨/雷雨

浅間山(せんげんやま)。東京都府中市にあり「都立浅間山公園」として遊歩道が装備されている。名前はその名通り頂に祀られている浅間神社に由来している。 遠目から見ると住宅地の中に取り残された森山のように見えるが、中に入るとむせ返るような緑が広がり、まるで奥多摩の山を歩いているように思える。

夏の暑い日に涼を求めて散策するのも良いが、この山の見所は5月中旬に咲くムサシノキスゲが有名だ。ニッコウキスゲの変種で温暖で低湿の低地に下りてきた型で、林の縁の明るいところに咲く。 ニッコウキスゲは朝に開花して夕方にはしぼむが、この花は夜でも咲き続ける。唯一の自生地がこの浅間山なので大事に守っていきたい花だ。

この日はムサシノキスゲが咲き始め、それ以外でも、キンラン、ギンラン、ササバギンラン、ホウチャクソウ、ジュウニヒトエなど、珍しい花も咲いており、新緑の林と相まって楽しい散歩ができた。

↓東京都公園協会のHP(浅間山公園に直リンク)
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index057.html

キンラン キンラン キンラン 金蘭

ギンラン ギンラン ギンラン 銀蘭

ササバギンラン ササバギンラン ササバギンラン 笹葉銀蘭

ギンランと違う部分は、花は半開で上を向き、茎上部の葉が花序より長く上に伸びる。

ホウチャクソウ ジュウニヒトエ 左:
ホウチャクソウ 宝鐸草

右:
ジュウニヒトエ 十二単

浅間神社 遊歩道
浅間神社 遊歩道

ムサシノキスゲ 東屋
ムサシノキスゲ 武蔵野黄菅
まだ数えるほどしか咲いていませんでした。
5中旬にもう一度訪れてみよう。
東屋。中央部にあります

遊歩道 広場やベンチもあります
遊歩道 広場やベンチもあります

奥多摩・高尾周辺へ HOME