雲取山 2017.1m 03.12.14
晴れ
小袖乗越(鴨沢)〜雲取山往復

久しぶりに奥多摩へ出かけたくなり雲取山とした。鴨沢から20分登ると一度林道に出るが、 そこに大きな駐車場ができていたのでそこから出発。

堂所を越えてしばらく行くと背後に富士が見え出す。登るにしたがって富士が高くなる。

ブナ坂手前から飛竜山へ続く山の壁が見え出す。石尾根はいつも通り気持良く、腰を下ろしてのんびりする人も。

小雲取山の登りでようやく雪を踏むことになった。小屋に泊まっていた人も降りた時間なので静かな道だ。 雪には登山者と動物の足跡が混ざり、石尾根は人間だけの道ではないんだなと思いながら登る。

山頂は暖かく4℃。風も無く防寒着もいらなかった。

小袖乗越駐車場  6:05(駐車場30〜40台)
ブナ坂      8:15
雲取山      9:30 10:30発
小袖乗越駐車場 13:15

夜明け
熊が恐いが山はやっぱり早出。そろそろヘッドランプをとります。


朝日に照らされた私の影。

ザ・太陽光線
下で光っているのは海面です。

登山道
落ち葉と相まってけっこう滑りやすくなっています。

飛竜山(大洞山)

石尾根からです。小屋から下りて来て休んでいるご夫婦の後姿に和みました。

奥多摩小屋の
ヘリポートから

右に小雲取、真ん中に雲取。

富士山

石尾根を歩いているとずっと見えている富士山。

奥秩父

遠くに霞む山。
右は甲武ヶ信岳、
左は国師ヶ岳。

雲取山

あれに見えるは頂上避難小屋。

雲取山頂

よく見る絵ですね。なんとなく雲取山は雪が有ったほうが似合う気がします。

避難小屋

左にはトイレ。ここの泊まりも最高でしょう。。。混まない日はね。

分岐と富士

さて帰りますか。

石尾根

小屋前から登って来た石尾根を眺めています。

石尾根ストリート

堂所の下の水場
今日は出ていました。あまり当てにしない方がいいです。

山梨百名山へ HOME