大佐渡山地縦走 -オオミスミソウの頃-    2013/04/27 - 04/29
アプローチ新潟港−(カーフェリー)−両津港(民宿泊)
1日目:両津港の民宿−(タクシー)−白瀬登山口−金剛山−ドンデン山荘(天泊)
2日目:ドンデン山荘−マトネ−金北山−横山登山口

アプローチ 2013/04/27

 新潟港−(カーフェリー)−両津港(民宿泊)


「佐渡島の山は花咲く山だ」という。新潟の海沿いの低山も春の花が良いらしいのでそんなものかと思っていた。そしてGWの行先を考えているとその佐渡島が頭に浮かんだ。3月上旬に屋久島へ出かけていたこともあって遠出億劫病はやわらいでいるし、島行きが連続するのも面白いかな。昭文社の「山と高原地図」がカバーしていないエリアなので事前に地図だけ作り、ゴールデンウィークが始まる金曜夜に車で出発した。

佐渡島へ船での入港口は3カ所あり今回は新潟港から両津港への往復にした。自宅(東京府中市)から新潟港へは345km。屋久島の時は鹿児島港まで1368kmだったので、すぐそこ、みたいに感じる。いい具合に感覚が麻痺しているのが頼もしい。

カモメに見送られて出航ー! カモメに見送られて出航ー!

午前2時に佐渡汽船横の立体駐車場に着いて仮眠。佐渡汽船を利用する場合は一日最大800円なのでお手頃だろう。※帰りに受付で割引券をもらう必要有

6:00出航便で両津港へ。ちなみに大型連休初日は3時発の増便もあるので(このGWは5/3にそれがある)少し無理すればタイトな日程でも旅が出来る。

佐渡島上陸。

両津港に降りたのは9時を回ってから。空は暗雲に覆われ今にも降り出しそうなので初日は飲み食いに明け暮れるとしよう。

汽船ターミナル内にある観光案内所で今日の宿を決め、また山に詳しい人も常駐していたのでコースの状況を聞き、バス時刻表とトレッキングマップをゲットした後は両津近辺を散策するとするか。
佐渡島上陸。

トレッキングマップ 佐渡島 大佐渡山地トレッキングマップ
佐渡環境協会発行で2013年2月改定版の地図です。佐渡汽船ターミナルの2F観光案内所でもらえます。

トレッキングマップ拡大。※画像サイズ4000px×2829px。3MB。

宿は港から歩いて5分の「海老名旅館」さん。チェックインは15時なので荷物だけ預けさせてもらってぶらぶら開始。

さてノープランなので時間がたっぷりだ。新潟港戻りの時は時間が無さそうなので、土産物屋で何を買うか決めておく為ターミナル2階にある土産物屋へ。酒売り場で試飲をさせてもらい佐渡島でしか手に入らない酒中心に「金鶴(超オススメ)」・「真稜」の純米酒に決定。定価で売っていることも確認。(だって屋久島なんて観光センターでは三岳がえらい高いんだもの。ねちっこくぶつぶつ。)

3Fの海鮮横丁で軽くやってから、周辺をぶらぶらして昼飯は天国さんへ。

ザ・土産物屋街って感じです。両津港佐渡汽船ターミナル あてはブリの真子・白子煮とこごめの天ぷら。 港近くの民家の風景。
ザ・土産物屋街って感じです。 3F海鮮横丁。あてはブリの真子・白子煮と、こごめの天ぷら。 港近くの民家の風景。

佐渡鬼太鼓の像。 こちらではイカの丸干しです。 お昼は天国さんで刺身定食。豪華に天ぷらを足しました。裏通りにある小さなお店ですが、魚の煮付けや焼き物も美味しいらしいですよ!
佐渡鬼太鼓の像。 こちらではイカの丸干しです。 お昼は天国さんで刺身定食。天ぷらも追加。裏通りにある小さなお店ですが魚の煮付けや焼きも良さそうですよ!

お次は港のポスターで知った3月にオープンしたばかりの「トキふれあいプラザ」へバスで向う。「トキの森公園」というトキ繁殖施設内にあるトキと間近にふれあうことが出来る場所で、ガラス越しだが確かにトキを間近に見ることができた。また帰りがけには幸運にも自然放鳥されたトキが大空を舞っている姿を見ることができた。トキ色が空に映えて美しく、乱獲されてしまったのもうなづける姿だ。

ふれあいプラザのトキ。どじょう捕食の瞬間! 営巣施設内を飛ぶトキ。これが朱鷺色なのかぁ。 ゆるきゃら「サドッキー」と知らん子と共に。
ふれあいプラザのトキ。どじょう食べてます。 営巣施設内を飛ぶトキ。これが朱鷺色なのかぁ。 ゆるきゃら「サドッキー」と知らん子と共に。

さて両津港へ戻ってきたら16時前。宿近くのタクシー会社で明日朝の予約をし、今日は素泊まりなので明日の朝食を買ってから宿に戻る。宿のおかあさんにお勧めの居酒屋を聞いて風呂の後にまた海鮮で一杯。あーしばらく海の幸はいいやあ。

宿の室内は鏡台があったりなど超古風です。貞子が出そうなぐらい。。 夕食は宿から歩いて約5分の「しらつゆ」さんへ。 魚で一杯。お父さんが漁師だそうで新鮮な魚介が食べられますよ。
宿の室内は鏡台があったりなど超古風です。貞子が出そうなぐらい。。 夕食は宿から歩いて約5分の「しらつゆ」さんへ。 魚で一杯。お父さんが漁師だそうで新鮮な魚介が食べられますよ。

帰りがけに日本酒とつまみを買ってだらだらタイム。布団に半身入ってテレビを見ながらちびちびやっていたらいつの間にか夢の中へ。


1日目ヘ