小太郎山 2725.1m 06.07.15-16
晴れ→風雨
芦安P−バス−広河原−右俣コース−小太郎山−肩ノ小屋幕営−広河原

芦安市営駐車場05:10発のバスにて広河原へ。吊り橋からは青空に突き出るバットレス、久しぶりの光景にドキドキしてしまう。登山道には、タカネグンナイフウロやミヤマハナシノブが咲いていた。

二俣の50mほど前から雪渓を歩き、右俣コースから稜線にあがる。シナノキンバイの豪華で大きな花が一面に広がるお花畑はいかにも北岳らしい。

稜線で仙丈ヶ岳とご挨拶。荷物をデポし、気持ちの良さそうな稜線が続く小太郎山へ向かう。CTが往復2時間なら空身で1時間半かからないだろうと思っていが、行きだけで1時間かかった。

山頂は地図で見る通りで、鳳凰、アサヨ峰、甲斐駒、仙丈が周りを囲み、バットレスがガスに隠れていたが、北岳への長く伸びる稜線が素晴らしい。朝日や夕日に染まる姿も見てみたいと思わせる一本道だった。

重い荷物を背負いなおしての天場への登りはとても辛かったが、肩ノ小屋周辺の色とりどりのお花畑には感動して立ち尽くしてしまう。これが百花繚乱というのだろう。 風に乗る芳香をかいでいると魂が抜かれそうになる。

夕方から風が強くなり翌日もずっと暴風雨。北岳は諦めてそのまま下山した。登ったピークより高い場所で一夜を過ごした変な山行になった。

芦安市営駐車場   5:10
広河原       6:15
二俣        8:30
右俣稜線分岐   10:50
小太郎山     11:55
右俣稜線分岐   13:20
肩ノ小屋     14:30 幕営

翌日:肩ノ小屋6:00−広河原8:50

吊り橋

青空には北岳とお月さんが浮かんでいました。

タカネグンナイフウロ
高嶺郡内風露

ミヤマハナシノブ
深山花忍

ミヤマミミナグサ
深山耳菜草

キバナノコマノツメ
黄花の駒の爪

二俣近く

よく見る北岳の絵ですね。

高峰、右には鳳凰山

振り返ると早川尾根が壁のようです。

サンカヨウ
山荷葉

ヨツバシオガマ
四葉塩竈

右俣コース森林限界

まるでカールの中に居るようです。
(ヘタな合成ですみません!)

※クリックで大きくなります。

稜線へ

シナノキンバイのお花畑の中を登ります。

シナノキンバイ
信濃金梅

仙丈ヶ岳

稜線に出ると目の前に南アの女王が姿を現します。

小太郎尾根

画面真中が小太郎山です。奥は甲斐駒ですが、山頂は雲の中ですね。

北岳
小太郎尾根へ少し進んでから振り返って見たところ。
※クリックで大きくなります。

小太郎山山頂部
360度の展望です。

北岳へ続く稜線

小太郎山から。

分岐に戻って北岳へ
バットレス側はガスっています。

チョウノスケソウ
長之助草

ミヤマシオガマ
深山塩竈

オヤマノエンドウ
御山の豌豆

お花畑

分岐から小屋までの間はお花畑の連続!行き交う登山者の皆がニコニコ顔なのです。素晴らしい道でした。

肩ノ小屋天場と煙る鳳凰

鳳凰側がメインですが仙丈側もあります。今日は風が強いので仙丈側に張る幕営者は居ませんでした。私は小屋から離れた天場で幕としました。

この写真は小屋に近い方の天場です。

白根御池小屋の天場

翌日の写真はこれだけ。稜線上は暴風雨でした。

ここも一度は張って見たいところですね。鳳凰山の好展望地です。

山梨百名山へ HOME