笊ヶ岳 2629.0m 02.11.02-03
晴れ
老平(ゲート前駐車場)−布引山(天泊)
笊ヶ岳往復−老平(ゲート前駐車場)

たまに耳にしていた笊ヶ岳。一度は登りたいと思っていた。この山には避難小屋や指定のテント場が無いので 静かな深い山歩きが魅力。もちろん、布引山で幕営ならば朝夕の南アルプス核心部の展望が楽しみだ。 駐車場にはAM2時頃到着。すでに2,3台ほど止まっており、テントで宴会中の数人組も。この駐車場はまだ民家が近くにあるところ。 大きな話声が車の中にも届きなかなか寝られない。

早めに起きてヘッドライトを点けて出発。ゲートまでは約100mほど歩き、ここから先は民家は無い。林道を進んでいくとやがて分岐になる。 右に上がっていく林道を進むとすぐに道が細くなり登山道となる。やがて廃屋の一軒家。庭の柿が淋しげに実を付けている。 しばらく行くと吊り橋となり、ゆっくり渡るがそれでも揺れるので怖い。

広河原の渡渉点には平らな石が3枚の小さなケルンがあり、対岸にも小さな道標があるので迷わなかった。水量もほどほどで石の上を伝って渡れた。 沢水だがやはりうまい水だ。先は水場が無いので明日の分も含め4Lの補給。ここから下りの無い1700mの直登が始まる。

山の神を過ぎたあたりで今日初めての人に抜かされる。(軽装なので変だなと思ったが布引の日帰りとのことを後で知った) 桧横手山は山頂とは思えないただの森の中。軽い昼食後すぐに登り始める。細かなアップダウンが無い分思ったより楽な気がする。 布引のガレに着くと不意に視界が開けた。数時間の格闘の後なので白くなり始めた南アルプスに疲れを癒される。

ガレの縁を慎重に登ると木々の中の布引山頂へ。一番乗りだったので下が濡れていない木の葉の上にテントを張れた。布引山頂部には4,5張のスペースがあり整地もされている。 東側と西側に展望があり富士や南アルプスがとてもきれいだ。設営後は待ちに待ったのんびり時間。 気温は氷点下で風が冷たかったが、西日を浴びた南アルプスを見ながらビールを片手に過ごした。

最終的には 単独×3張、2人×1張、4人×1張と盛況、さすがに三連休の初日。

なかなか寒さで寝付けなかったが、サラサラとテントに当たる雪の音で目が覚めた。が、あまりの寒さと天気が悪そうなのでシュラフに潜り込み続けた。 するとオレンジ色の光がテントを照らし始めたので、外を見てみると快晴ではないか。「あ〜しまったぁ〜」と急いで朝食を済ませ笊ヶ岳に出発。 道は数cm程の雪道。いちど2400mまで降り、笊の頂上まで230mの登り返し。

指がしびれるほどの気温であったが、笊からの展望はすばらしかった。南アルプスは雲の下だったがそれ以外遠くまで見渡せる。 負け惜しみかもしれないが、山はちょっと心残りがあった方がいい。次は雲一つ無い南アルプスを眺めに来たい。

1日目
 駐車場   5:35 2℃
 渡渉点   7:15   (水補給) 7:40発
 桧横手山 10:48 0℃(昼食) 11:08発
 布引山  13:47 −3℃

2日目(日の出前 外気温−12℃、テント内部−5℃)
 布引山   6:36 −8℃
 笊ヶ岳   7:48 −8℃     8:10発
 布引山   9:10        10:00発
 桧横手山 11:01 −3℃(昼食)11:30発
 渡渉点  13:35
 駐車場  15:00

※テントが張れそうなところは、渡渉点から2,3m上がった所、山の神の横(谷側)、
 桧横手山とその前後に計3,4張分、布引山に4,5張分、といったところ。
 笊ヶ岳の頂上近くにも1張分ありますが、雷の時期はちょっとあぶないかも。

1日目
吊り橋

釘が外れているところもありました。気を付けて渡りましょ。

桧横手山

山頂?とは思えません。休息にはいいと思います。

布引のガレ

ここに来て初めての南アの展望。空の雲が秋の景色です。

布引のガレ

ガレの縁から下を見ると・・・あっちの世界にすぐ行けます。

上河内岳

山頂部はちょっと雲で欠けています。左のちょこんとしたピークは茶臼岳かな?その左のなだらかな辺りが光岳だと思うんだけどなぁ。

聖岳

一番高く見えているのが奥聖。最高点の前聖は雲の中。
布引のガレから見えるのは聖岳まで。

赤石岳

布引山より。
寒かったけど、山に向かって乾杯。ビールより熱かんだったかな。

南アルプス核心部

左より、上河内岳、聖岳、赤石岳。
百名山2つと並んだ上河内岳も立派でしたよ。

荒川岳(中岳)のカール

布引山から見えるのはここまで。

2日目
朝のテン場

キリッと引き締まった朝。テン場はすっかり白くなっていた。

南アは雲の中

笊ヶ岳より。
聖、赤石方面は残念!雲の中でした。

笊ヶ岳山頂にて

なんか山男っぽいな。狭い山頂を1人占めです。

南ア北部

荒川岳も雲の中だったので北を見ると・・・主要どころはやっぱり雲。蝙蝠岳は白く見えている。

甲府盆地

が遠くにぽっかり見えます。雲がかかっているのは南アルプスだけか。

小笊を越えて

小笊の向こうには富士山。ここから、日の出を撮りたかった!

富士遠望

相模湾が輝いている。あまりの気持ちの良さにぼーっとしていたら、もう雲が出てきた。

布引山

白い小窓より。1枚の絵みたい。
さぁ、これから撤収して帰ります。

帰りはヴィラ雨畑で汗を流してさっぱりしました。

山梨百名山へ HOME