鳳凰三山 2840.4m(観音岳) 01.10.14-15
晴れ
夜叉神峠登山口−南御室小屋(天泊)
南御室小屋−鳳凰三山往復−夜叉神峠登山口

今年2回目の鳳凰です。今回は数少ない山仲間と2人で天泊山行。 7月に来た鳳凰山がとても強く心に残っていたことと、テント泊をしたいとの友の希望もあり、勝手知ったる〜ではありませんが、 一度歩いている山なら安心だし、また、友も気に入るだろうと鳳凰山にした。

この時期の山あるきが一番好きかもしれない。肌寒くなり大気が澄んでいて山も静かだし、 冬枯れが始まったわびしい雰囲気が私に合っているんだと思う。。。なんてね。

白峰三山

火事場跡より。
終わりかけの紅葉ですが、いい絵になっていますね。

白峰三山の目覚め

砂払いより。
南御室小屋を3:30頃に出ると、この砂払いで日の出に出会えます。

薬師岳から観音岳

砂払いより。
右が薬師、左が観音、左端の霞んでいる山は甲斐駒です。

富士山

砂払いより。
墨絵のようなふわっとした姿です。近くで見るのもいいですが遠望の方が私は好きかな。

俺たちと北岳

薬師岳にて。
山はいい。。。
まぶしい朝日を浴びながら。

南部

谷に朝靄が立ち込めています。

観音岳へ

白砂の道です。尾根から一度下りて西側を行きます。日陰は寒い!

八ヶ岳

観音岳より。
町から山麓、頂きまで、ニョキッと突き出ていますね。右側のとんがりが赤岳で、左端の丸い山が蓼科山です。

地蔵岳へ

観音岳から地蔵岳へは低木の樹木帯を行ったりアップダウンがあったりで、見た目よりきついです。

地蔵岳のオベリスク

下界からも見える鳳凰山のシンボル。

賽ノ河原

信仰の場所です。
子宝に恵まれない夫婦がここからお地蔵様を借りて行き、子が授かったら借りているお地蔵様と新たなお地蔵様を2体背負ってここまで登るそうな。
古く風化している物から新しい物までお地蔵様がたくさん並んでいます。

甲斐駒ヶ岳

賽の河原より。
それなりの時間なのに雲が湧き上がってきていません。やはり夏とは違いますね。

北岳

観音岳から。日も高くなってきました。帰る前にじっくり見ておきますか。

南アルプスへ HOME