平標山・仙ノ倉山 903m 06.10.15
晴れ
平標登山口P−平標山−仙ノ倉山−平標山−平標山ノ家−平標登山口P

martyさんと二人で秋の平標へ。「なんだーガスガスかよー」と言いながら登って行くと、仙ノ倉山からの戻りで晴れてくれました。

平標に戻って山頂から仙ノ倉山を眺めると、やさしいふくらみがうねる尾根がずっと伸びている。 向こう側はガスが沸いているけれど、そのうち谷川岳と繋いでやろう、と、ずっと想い描いている山行のことを思い返す山頂だった。

平標登山口P   6:20
平標山      9:05
仙ノ倉山    10:00
平標山     11:35
平標山ノ家   12:15
林道出合い   13:00
平標登山口P  13:45

山裾は色付き始め

ツリガネニンジン
釣鐘人参 キキョウ科

巨大鉄塔 1411Pにて

紅葉の低木帯を進む

松手山より。
あいにくの天気で平標山のピークはガスの中。
ガスに入る前に振り返れば、松手山までの紅葉が散らばる山麓が美しい。


平標山へ

ガスの中へ進みます。でも何だかドキドキする景色ですね。

周りは紅葉真っ最中

平標へ

平標山 まっしらけ

鞍部へ下ります

仙ノ倉山へ

少しガスが取れてきました

仙ノ倉山のピーク

仙ノ倉山 まっしらけ

仙ノ倉山を下り始めた途端、ガスがサーっと流れていった! 平標山との鞍部に下りていく途中で振り返り見ます。

平標山へ。ガスがすっきり取れてくれました。
中央が平標山。右のこんもりしているのは、土樽へ下る平標新道です。

中央左奥が仙ノ倉山。平標山より。この山行の1ヵ月後、念願の山行が実現できました。

平標−仙ノ倉(ピークは奥)の稜線。 平標山ノ家への途中にて。

平標山ノ家へ。 平標山ノ家。改築中。

下山路1

下山路2

岩魚沢林道

ノコンギク 野紺菊
キク科

群馬周辺へ HOME