7日目 04.08.13
二軒小屋ロッジ〜伝付峠〜田代入口バス停

最終日。早めに起きて暖かい物を飲みながら星空を見て夜明けを待つ。 流れ星が飛び交い、一定速度の人工衛星の光に生家の庭先で夜空を見上げていた頃を思い出す。

今日はCT6時間半なので出発は明るくなってから。伝付峠までは細く趣がある道が続く。

田代入り口までの沢沿いの道は7,80の橋と桟道が続く南アルプスクラシックルート。危険個所はほとんど無いが、 橋が土砂に埋まっていたり、橋の板が抜け割れていたりと、豪雨・台風の後は注意が必要な道だ。

林道に出てバス停近くまで歩くと、登山客を運んできた帰りのタクシーに拾われ、温泉施設のヘルシー美里まで楽をする。

7日ぶりのお風呂は、そりゃもう最高、最高!
湯上り後は食堂が休みだったので売店で買った山魚の佃煮を肴にビールで打ち上げをした。 そんな私達が受付のお姉さんには不憫に見えたらしく「蕎麦でもとりましょうか?」と言ってくれ、 久しぶりの生ものを食べることができて、バスの時刻までは、おいしく楽しい時間だった。

身延駅でこつこつさんと別れ、私は甲府行きの車両に乗った。 鈍行に揺られ車窓から見える南アルプスは真っ白に霞んでいた。この1週間が夢のように感じて始めていたが、このフィルムが仕上がったら、旅の記憶が次々と溢れ出してくるんだろうなと思いながら、心地良い揺れに身をまかした。

二軒小屋ロッジ  5:25
伝付峠      6:55
林道      10:10

伝付峠

転付峠と書かれている場合もあります。峠の林道は雑草だらけでした。こつこつさん休憩中。

水場
峠から少し下った所にて。

天場?
水場の脇にはソロなら2張りはできそうなスペースがあります。実際に1張りありました。



大小いくつもの滝に出会います。


比較してみると・・

水が滴る涼しげなこの場所、冬は下のようにすごいことになります。

写真贈;こつこつさん。

桟道

岩肌が削られた昔ながらの道。

登山道

橋が多い道です。整備されている皆様方に感謝!

フシグロセンノウ
この時期目立つ花です。

お蕎麦
わざわざ温泉のお姉さんが取りにいってくれました。バスに乗る頃は飲みすぎでちょっとフラフラでした。

04南ア縦走TOP