4日目 04.08.10
三伏峠小屋〜小河内岳避難小屋〜高山裏避難小屋(幕営)

頭上には天の川。今日はできるだけ距離を稼いでおこうと早く出た。 密生したハイマツに濡らされながら烏帽子岳に着く。周りの高い山は少し雲が残っていたが、 目の前の塩見岳は隠すことなくそのシルエットが望めた。

小河内岳の登りでこの旅最初の雷鳥に出会う。数羽で遊んでいるみたいに呼び合ってる。 小河内岳避難小屋から見た山々はもう雲が湧き上がっていた。小屋の人と話したところ、ここ4、5年ぐらいは変な天気で 夕方まで晴れているような日も多かったが、今年は夏山らしい天気で決まって午後は雨・雷があるらしい。 目的地の荒川岳もあっという間に雲が・・・。

先を急ぐ。お花畑もすぐに切上げ行動食も急いで食べる。が、高山裏避難小屋までまだ1時間以上もあるのに 荒川岳上空の雲がもくもくと立ち上がり、こちらも日陰になってしまった。
小屋に着いたのは10:45。荒川岳は雲の中になっている。「中岳避難小屋まで行けますかね?」と私の問いに、 「そりゃ時間的には行けるが、判断はアンタだよ」と小屋の人。ごもっとも。この3日間では一番雲が早かったので今日はここまでとした。

行程の遅れが大きくなり下山は伝付峠越えが決定的となった。明日は赤石岳までは廻れるよう早めにシュラフに潜った。

三伏峠小屋    4:15
烏帽子岳     4:55  5:20発
小河内岳     6:50  7:25発
高山裏避難小屋 10:45(幕営)

塩見岳のシルエット

烏帽子岳より。

小河内岳

烏帽子岳より。
避難小屋も見えます。よくあんなところに建っているもんだ。

小河内岳への登り

一度は泊まってみたいです。朝夕が素晴らしいでしょうね。

雷鳥

つがいかな?もしくは雛鳥の兄弟かも。

小河内岳頂上
この辺りではこの形の山頂標識が多いです。

小河内岳避難小屋

お花畑

マツムシソウ、タカネナデシコ、コゴメグサ、あと小さいウドっぽいの。

ミヤマシャジン

夏の雲
荒川岳にかかる雲がもうこんなに。

マルバダケブキ
丸葉岳蕗。

シロバナへビイチゴ
食べ食べ歩きました。だっていっぱいなっているんだもの、甘酸っぱいんだもの。

ハクサンフウロ(白花)
ハクサンフウロの花畑の中に白花が数本混ざっていました。

トリカブト
背が低いですねぇ、何トリカブトでしょうか。

タカネビランジ

シロバナタカネビランジ
おお、これも初めて見ました。高山裏避難小屋の裏の砂礫にて。

シモツケソウ

ヤマオダマキ
形が面白く好きな花です。見かけるとホッとします。

高山裏避難小屋
小屋番さんも含め味のある小屋です。

天場
ここの水場はちょいと降りますがおいしい水です。今日は水割りにて。

04南ア縦走TOP 5日目