1日目 04.08.07
広河原〜二俣〜八本歯ノコル〜トラバース〜北岳山荘(幕営)

北アに行く山の知り合いに甲府駅まで送ってもらえた。電車は不慣れなのでこの申し入れはありがたかった。 駅に着いたのは02:30。ちょっと不安だったがバス停はすぐに見つかる。 ザックが並ぶ周りのベンチは寝る人で埋まっていて山梨交通の人が整理にあたっている。

04:30の始発のバスに2時間揺られると広河原に着く。途中で見えた間ノ岳に胸が高鳴っていたこともあり二俣までは良いペースで登る。 ここからは花畑も続きいよいよという所なのだが、息がぜいぜいとなり一向に足が進まなくなってきた。それに加えて11時頃に最初の雷鳴。 するとすぐに黒い雲が空を覆って土砂降りになり、やがて大粒のヒョウに変わって痛くて歩けなくなる。 雷鳴も近いので他の登山者と共に八本歯のコル下の岩陰で通り過ぎるのを待った。

空が明るくなり小降りになったので稜線に出たが、いつまたヒョウや雷が来るか分からないので北岳山頂は断念した。 山荘へのトラバース道でまた激しい雷雨。逃げ場も無く泣きそうになりながら山荘へ急ぐ。

雨の合い間をみつけてさっと設営し落ち着く。天幕を打つ雨音を聞きながら飲むビールもまたよかった。午前中からの雷雨は暗くなっても続いた。

広河原     6:50
二俣      9:20 9:50発
八本歯ノコル 13:10
北岳山荘   14:40(幕営)

広河原行きバス停
見本市のようにザックが並べられています。駅前は24hのコンビニや吉牛も有り。

駅にて寝る人達
トイレも24h解放されていました。(改札は自由に出入りできる)

バットレスと
ミヤマシシウド

二俣にもうすぐ着きます。ガスが出てきました。まさかすぐ雷雨になるとは露とも知らず。

トモエシオガマ
咲き始め

サラシナショウマ
かっこいい名と思っていたら漢字だと「晒菜升麻」。若菜を茹でて晒して食用云々。

アキノキリンソウ

ヤナギラン
まだ残っていました。

タカネグンナイフウロ
北岳なのでタカネにしておきます。

ミヤママンネングサ
二俣の砂礫地にて。

二俣合流
雪渓はまったく無し。

二俣のバイオトイレ
以前来た時は大樺沢の大腸菌汚染が問題だって話でしたが、それで設置されたのかな? 木材のチップ式で中もきれいでした。

ミヤマハナシノブ
二俣から八本歯方面の大樺沢沿いにたくさん咲いていました。

タカネヒゴタイ

タカネナデシコ
高嶺撫子

ミヤマミミナグサ
これもナデシコ科です。

雪渓
左俣コースの上部にちょっとだけ残っていました。

雹(ひょう)
これがバチバチ当たるし、みるみる足下に積もっていくし、、、。

クロウスゴの実
稜線上になっていました。甘酸っぱくておいしかった!

キタダケトリカブト
山荘へのトラバース道はお花畑となっていますが雷雨の為、これ1枚しか撮れず。

北岳山荘

雨の合い間に撮った1枚。正直、山荘が見えた時はホッとしました。

04南ア縦走TOP 2日目