1日目 03.08.13
新穂高温泉P〜わさび平小屋〜双六小屋〜巻道ルート〜三俣山荘(幕営)

新穂高温泉の駐車場に着いたのが夜中の1時頃。それでもあの広い駐車場はほぼ満杯。さすが北アルプスだ。 夜明けは好天で迎えることができたが天気予報では明日以降崩れるらしい。今日中に出来るだけ距離を稼いでおいた。

新穂高温泉P  5:00
鏡平山荘    9:40 10:05発
双六小屋   12:25 12:40発
三俣山荘   15:20(幕営)

シシウドガ原

林道も含め2時間程歩くと残雪が現れ出す。
いざアルプスへ!

鏡平から

ああ・・・、脱力です。老若男女、皆この景色に見入っていました。
ここの山荘に泊まって槍ヶ岳を眺めるだけでも十分ですね。

鏡平山荘
カキ氷と生ビールのノボリにふにゃっとなりそうでした。
最高の立地です。

トリガブトの花
大きくて日光が透けてきれいでした。
ヤチトリカブトかな?

弓折岳直下より

鏡平から稜線に上がった所で休憩。右下には槍ヶ岳展望台の鏡平、山荘と青い池が見えます。

槍ヶ岳

同上より。雲を衣にまとい更に高く見える。

同上より

手前の雪田がある弓折岳を越え長く続く笠ヶ岳への稜線。
こんなにいい天気ではあっという間の道程となるでしょう。

双六小屋と鷲羽岳

双六手前の2622ピークより。
友はこの写真を見た時「えっ、ここ日本!?」と驚いていました。 双六岳と樅沢岳の鞍部に小屋があり、向こうには鷲羽岳が大きい。左肩には水晶岳(黒岳)も見える。

双六小屋〜三俣山荘間の巻き道ルート
お花畑です。

三俣蓮華岳分岐付近

鷲羽岳

両翼を広げた鷲羽岳。大きい。
それにしてもいやな雲が出てきた。早くテントを設営せねば。

三俣山荘とテント場

あともうちょっと。この通り山荘と天場は少し離れています。水場は天場の近くに出ています。

北ア縦走TOP 2日目