南アルプス北部縦走 2002夏 02.07.26
曇れ
7日目  農鳥小屋−間ノ岳−北岳−広河原

夜明け

富士山
テント場より。

暁の農鳥岳

出発後、日の出を眺めていたらいつのまにか農鳥岳が染まっていた。慌てて撮った写真。

南ア核心部
間ノ岳手前より

左が農鳥、右の丸いのが塩見岳。中央の2つのピークは左が悪沢岳で、右は荒川に赤石岳が重なっています。 詳細な画像で見ると兎岳あたりも見えています。 次の南アは核心部だ!

北岳
間ノ岳をちょっと過ぎた辺りから

稜線続きの左の平らなピークが中白根山。

北岳
中白根山より

最終日もいい天気で迎えることができました。

北岳山頂を見上げる

間ノ岳
北岳直下より

もっと朝方に撮れると、右側に影が出て稜線がくっきり出たんだけども。

北岳山頂にて

仙丈岳
北岳肩の小屋にて

大仙丈・小仙丈のカールが良く分かると思います。

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒の右には八ヶ岳の山なみがすべて見えます。右端が赤岳,左端が蓼科山。

鳳凰三山
北岳肩の小屋にて

2日目はあの稜線を歩いていましたが、もう7日目、最終日です。

肩の小屋と北岳

みんな憩っています。小屋の人もつかの間の休息をしていました。 ここのテント場はとても気持ちいい、3000mのテント場は日本でも屈指の高さですよね?
鳳凰からの朝日と仙丈に沈む夕日が見られます。

チシマギキョウ

北岳にて。

左:クガイソウ
右上:モミジカラマツ
右下:オオカメノキ?

オオカメノキは本によると花期は5月と書いてある。じゃこれは違うかな?

左:シナノキンバイ
右:クルマユリ

大樺沢までの斜面なのでシナノキンバイにしておきました。クルマユリは花初心者にとっちゃ絵になります。バカの一つおぼえです。

  南ア縦走トップへ