南アルプス北部縦走 2002夏 02.07.25
曇→晴
6日目  両俣小屋−三峰岳−間ノ岳−農鳥小屋(幕営) 夕方農鳥岳往復

稜線に出るとガス

三峰岳までは険しい箇所が何度かあります。

三峰岳ピーク

三峰岳直下

野呂川越えから来た尾根を見ているところ。
両俣小屋から三峰岳は険しいところが幾つかあった。稜線に出るまでは朝の雨に濡れた低木にずいぶん濡らされた。

くすぶる農鳥岳
農鳥小屋より

間ノ岳はガスの中だったが、小屋に到着した頃は農鳥もガスがとれ始めていた。

農鳥小屋と背後は間ノ岳

私のテント

設営後、夕方4時前より空身で農鳥岳へ出かけた。

後光の私

両手を振ったら農鳥の谷に移った影も手を振っていました。

西農鳥から農鳥岳へ

3000mを繋ぐ稜線です。

農鳥岳山頂 3024.5m

富士遠望
農鳥岳より

西農鳥岳へ

夕方の日差しがまぶしかった。

農鳥稜線

夕日に照らされています。

間ノ岳

農鳥岳稜線鞍部より。こっちから見る間ノ岳はまったく違う表情です。トゲトゲが有って鬼が島の様?

甲府の夜景

8時ぐらいか、テントの入り口からこの様な夜景が、谷の雲の向こうに見えた。

左上
タカネヤハズハハコ
左下
キバナノコマノツメ
右上
オンタデ
右下
キバナシャクナゲ

かなぁ?近日中にちゃんと本買って勉強します。

上:クルマユリ
下:オヤマノエンドウ

クルマユリは判り易いんだけどな。上は農鳥小屋の水場までの道にもいたるどころに咲いてました。下は農鳥岳途中で咲いていました。

7日目へ 南ア縦走トップへ