白峰南嶺・蝙蝠岳縦走    2013/08/10 - 08/13
1日目:奈良田湖P−黒河内岳(笹山南峰)−白河内岳幕営適地(天泊)
2日目:白河内岳−広河内岳−農鳥岳−間ノ岳水平道−熊ノ平小屋(天泊)
3日目:熊ノ平小屋−塩見岳−蝙蝠岳−二軒小屋ロッジ(天泊)
4日目二軒小屋ロッジ−伝付峠−奈良田越−黒河内岳(笹山南峰−北峰)−奈良田湖P

4日目 2013/08/12

 二軒小屋ロッジ       4:35
 伝付峠           6:15
 奈良田越          8:40
 笹山(南峰)       12:15 北峰往復後 12:50発
 奈良田湖P        17:15

最終日の朝。

柔らかな芝生の天場が心地よくてしっかり眠れた。テントから這い出して伸びをしていると、ヒュッテの2階から星空を見上げている宿泊者の話声が聞こえてきた。山間いから見上げる夜空には少し雲が流れているが今日も星がきれいだ。

ロッジの表には大きな集虫灯が光り、その明かりでコーヒーを飲みながら体の目覚めを待つ。

2杯目のコーヒーを飲んでいると、頭上を何か横切って近くの木に飛びついた。そして、たたたーと木の頂部へ登っていった。大きさからするとモモンガかな?
朝。

朝食はお茶漬け。下界に降りたらいつもの天玉蕎麦を食ってやろうと思いながら撤収。出発は4時半を過ぎてから。今日もCTが13時間になるが昨日の疲れと夕飯が遅めだったこともあり遅めの出発にした。

補足だが、天泊縦走でこの様な長時間の計画は基本的にNGだ。体力面もあるが、午後の雷雨につかまる恐れが高いのが私的には一番の理由。言い訳がましくなるが、昨日・今日共に午後の時間帯には稜線からだいぶ下った深い樹林帯にいるので、悪天でも行動に支障がないという判断だ。

伝付峠への道。 伝付峠への道。

登山道は歩き始めの体には丁度良い斜度。暗闇に浮かぶ樹木の説明板を一つ一つ読みながら登っていると谷間も明るくなってきた。

伝付峠へは南アのクラシックルート。以前の記憶は全く抜け落ちていたけれど、全体的に歩き易い道で美しい森と巨木が織り成す趣のある登山道だ。

途中は唐松の森になっている。 登山道を歩いているとシカの鳴き声が聞こえていた。食皮された木が並ぶところも。
途中は唐松の森になっている。 登山道を歩いているとシカの鳴き声が聞こえていた。食皮された木が並ぶところも。

林道へ出たところでやっと朝日に照らされた。今日は稜線歩きは無く、4日間で一番きつくて長い地味な道程になる。まあ奈良田越までは一部崩れているとはいえ林道だし、のんびり歩いても時間短縮できるだろう。

林道に出てからは北に向かう。まぶしい日差しに照らされながら行くと、程なくして道端に道標があった。

9年ぶりの伝付峠。

前に来た時と比べると明るい林相に感じる。その時は二間小屋の天場でバッタリ会った山友とこの峠を越えて田代へ下った。最近音沙汰が無いが元気でやっているかな。
9年ぶりの伝付峠。

伝付峠の道標を脇目に林道を道なりに行く。左手には悪沢岳が谷から大きく立ち上がり、昨日は下り途中のぱっとしないピークだった徳右衛門岳も立派な山容を見せている。

右から、悪沢岳、赤石岳、聖岳、上河内岳。南ア核心の雄峰が並ぶ。
右から、悪沢岳、赤石岳、聖岳、上河内岳。南ア核心の雄峰が並ぶ。

左が悪沢岳、右が徳右衛門岳だ。
左が悪沢岳、右が徳右衛門岳だ。
徳右衛門岳から中央へ下る尾根の下部に、小さく白く見えるのが「階段3基」の中部電力の施設。

笹山が見える。 笹山が見える。

林道の進行方向に目をやると遠くに笹山が見えている。あのピークに戻れば山旅が終わる。

林道は途中で迂回路となり右の新しい道へ進む。左の道は丸太で塞がれている。
林道は途中で迂回路となり右の新しい道へ進む。左の道は丸太で塞がれている。

さて林道は緩やかに上りと下りを繰り返し意外と汗が出る。林道の真ん中には熊の糞が落ちていたりで、人の往来がほとんど無い道ということが当たり前ながら判る。

その割には立派な林道だなと不思議に思いながら山を回り込んで行くと、突然大きく崩れた箇所に差し掛かった。補修が途中のままストップした様な感じで林道が砂礫で埋まっていた。こんな箇所を2,3過ぎるが、わずか4,5mを超える箇所でも、滑り落ちそうな危険な状態だった。落石に注意しながらささっと渡る必要がある。

最初の崩壊地。
最初の崩壊地。

崩れ地帯を幾つか過ぎると、今度は林道の真ん中にシラビソの低木が育ち、下草が覆っているところが多くなってきた。途中の崩れ具合から見ても、この林道はいつしか自然に返って消えてしまうのだろうか。

これ、林道です。一応。 ヨツバヒヨドリのお花畑。
これ、林道です。一応。 ヨツバヒヨドリのお花畑。

広場を過ぎて長ガレの2091ピークを巻きながら上って下るを道なりに歩き、低木を手でよけながら進むとドラム缶が放置された小さな広場に出た。ここで右に折れ、草が茂る道らしき方へ進むとようやく奈良田越に到着した。

ヨツバヒヨドリに覆われた道。しゃがんで見ると真ん中に踏み跡発見です。 奈良田越。1970m。
ヨツバヒヨドリに覆われた道。しゃがんで見ると真ん中に踏み跡発見です。 奈良田越。1970m。

奈良田越は、錆び付いた林業の機材が草に覆われ、新しく立派な道標との対比が侘しさを感じさせる。

腰を下ろして行動食を食べていると上から単独行の男性が降りてきた。挨拶だけで伝付峠方面へすっと消えていった。まずは今日の1人目。おそらく笹山辺りに張っていたんだろう。

さあ、いよいよこの山行の難関コースへ。踏み跡と目印のテープを合致させながら進む。ピンクテープの目印は十分とは言えないが、注意しながら歩けば迷うことはない。道の始まりは山が荒れていたので判り難い所もあるが山深くなると道が安定してくる。もちろん踏み跡はかなり薄い。雪が付く頃には全く判らなくなるだろう。

いざ登山道へ。 白剥山。2237.2m
いざ登山道へ。 白剥山。2237.2m

白剥山の急登に差し掛かかった頃、奈良田側から湧き上がった雲が空を覆った。鬱蒼とした樹林帯は更に薄暗く静まり返り、黙々と歩く自分は一匹の山の生き物の様だ。

白剥山を過ぎるとしばらく判りやすい道が続く。 もちろん倒木も多いです。
白剥山を過ぎるとしばらく判りやすい道が続く。 もちろん倒木も多いです。

登山地図に記載のポイント毎で位置を同定しながら行こうと思っていたのに場所がいまいち判定出来ない。この区間だけでも地形図を用意するべきなのだが、登り方向のコース取りに甘えて用意しなかったことを今更ながら反省。

地図をしまって歩き出すと顔が無精ヒゲだらけの男性登山者が下ってきた。この人も挨拶だけでさっと下って行った。奈良田越ですれ違った単独行者と同様に「ザ・白峰南嶺」っぽい山臭いイメージ。今の私はどう見えるのだろう?

シャクナゲとシラビソの藪こぎ。

道は大小のアップダウンをこなしながら標高を上げていく。シャクナゲやら低木の枝やらを掻き分ける道も多く、半袖だったら傷だらけになってしまう行程だ。
シャクナゲとシラビソの藪こぎ。

体にまとわり付く小枝に押し出されるようにして歩き続けていると、だんだんと低木帯になり展望地に飛び出した。前方には離れてまた開けた場所があり、その奥にガスに巻かれる笹山らしきピークが見えていた。ここが登山地図に記載の笹山手前の2つの「露地」か。

一つ目の礫地。
一つ目の露地にて。中央奥のピークが笹山北峰だ。
※昨日蝙蝠岳から見た南嶺の写真に2つの露地が写っている→画像表示

露地にはソロ1張の天場風味あり。 天然のブルーべりーにて休憩。
露地にはソロ1張の天場風味あり。 天然のブルーべりーにて休憩。

あともう少し。蝙蝠尾根には雲がかかって展望無しだが笹山が見えたことで気力が湧く。

と、この箇所で踏み跡がパッタリ消えた。目を凝らしてよく見るとハイマツを隔てた前方にピンクの目印が見えたので、ハイマツ間際に近づいて視線を落とすと、ハイマツの中に道らしき空洞があるのが判った。よく注意して目印を拾いながら進む。

ハイマツの中に細い道があります。 底に道はあるが膝から上は藪漕ぎです。
ハイマツの中に細い道があります。 底に道はあるが膝から上は藪漕ぎです。

2つめの「露地」は西斜面のザレた場所に踏み跡が残っていた。なぞって行くと木の根が入り組んだ尾根に戻り、ここが最後かなと思いながら樹林帯を登り詰めると広場にでた。

天場地帯。
(笹山南峰より南へ5分程度)

ぽっかりと空いた広場にはテントを張るスペースが3,4張ほど。悪天の時はこちらの方がやや安心かな。
笹山南峰より南へ5分程度の天場地帯

そして天場地帯を抜けて、ここだなと低木帯をくぐって登り切ると見覚えのある山頂に出た。

山行が終ったよ、周遊完了。感無量とはこのことだ。

笹山南峰。手に持つは伝説のフルーツミックス!

早速、二軒小屋で調達していた虎の子のジュースをザックから取り出して、笹山の道標に乾杯だ。
はぁ、もうウマイのなんのって。
秘密兵器のフルーツミックス!

さて、予定ではこのまま下山。山頂を囲む木々の向こうには塩見が見え隠れしていた。うーん、蛇足かな?と思ったけれど北峰まで足を伸ばしてみるか。

鞍部の樹林帯から駆け上がって全周が見渡せる頂へ。

笹山北峰にて。
笹山北峰にて。間に合った、なんとか蝙蝠岳と塩見岳はちゃんと展望の中に納まっていてくれた。
ありがとう!

南峰に戻って小休止していたら抜け殻の様になっていた。13時近いのにこれから1900mも下るのかと思うと頭がクラクラしてきた。

歩き出すと気が抜けた証拠に足が痛み出した。上空は雲に覆われているがすぐに降り出す気配ではなく、樹林帯は薄暗くかすかにガスが漂いしんとしている。登りで悩まされたハチもどこへやらで、倒木に腰掛けて休んでいると1本の木になったように動き出せなくなってしまう。

静まり返った登山道。 転げ落ちそうな急坂が始まった。ストック感謝!
静まり返った登山道。 転げ落ちそうな急坂が始まった。ストック感謝!

標高2256mの道標を過ぎて急な下り坂に変わったのでストックをめいいっぱい伸ばして下る。

単調に続く道にいい加減に疲れて、ふと気付くと見事な枝ぶりで緑の腕を広げている大木が見えた。「あのブナまできたか。」と呟いて大木の脇に腰をおろして地図を広げた。ここの標高は1500m。あと700mも下るのか、ちょと笑えてくる。水だけを体に流し込んで出発した。歩き出すと、思い出した様に足全体に痛みが広がっていく。

ダイレクト尾根のブナの大木
「ブナの大木」。またダイレクト尾根に来るから元気でね。

標高が下がるにつれ空気が蒸してきた。少し前のことなのに、爽やかな風に撫でられていた北峰の展望が懐かしく感じる。

この四日間の縦走はあっけなく終わった様にも思えるが、この足の痛みは縦走の達成感そのものでもあり、止まっていた足をまた踏み出して、薄暗くなり始めた急な山道を一歩一歩慎重に下っていった。


  この記録のトップへ HOME