白峰南嶺・蝙蝠岳縦走    2013/08/10 - 08/13
1日目:奈良田湖P−黒河内岳(笹山南峰)−白河内岳幕営適地(天泊)
2日目白河内岳−広河内岳−農鳥岳−間ノ岳水平道−熊ノ平小屋(天泊)
3日目:熊ノ平小屋−塩見岳−蝙蝠岳−二軒小屋ロッジ(天泊)
4日目:二軒小屋ロッジ−伝付峠−奈良田越−黒河内岳(笹山南峰−北峰)−奈良田湖P

2日目 2013/08/11

 白河内岳肩(幕営地)   3:50
 白河内岳         4:05 5:25発
 広河内岳         7:45
 農鳥岳          9:20
 熊ノ平(天泊)     13:25

天場からの夜景。右から塩見、蝙蝠、荒川、悪沢。
天場からの夜景。右から塩見、蝙蝠、荒川、悪沢。

午前1時に目覚めた。まったく音がせず、まるで真空に包まれているかの様に静かだった。テントのジッパーを開ける音がやけに大きく響き、そっと暗闇の中に顔を出すと頭上には白鳥座が羽根を広げていた。

外に出て天上を眺めていると、やがて目が慣れて天の川が塩見岳まで繋がっているのが見えた。大きな流れ星が幾つも流れている。お盆の縦走の時は大抵ペルセウス座流星群に当たる。極大日は2日後らしいが、数えるのが馬鹿らしいほどたくさん流れていた。

さて寝直そうと思っても頭が冴えて眠れない。足の疲れは大分取れているので、朝食は2時半頃に済ませて撤収開始。

朝食は辛口ソーセージパンとあんパイと甘いコーヒー。何がなんだか。でも自分の朝食としては食べている方です。
境川PA 2:30

水は夜中にも飲んでいたし、朝のコーヒーも2杯飲んだので残りは2.5L。抑え目にしているつもりでも、みるみる減って行くのは恐怖にも感じる。

撤収後もバルブ撮影をして遊ぶ。露出20秒〜50秒ぐらいで約20枚撮ったのに一枚も流星は入り込まなかった。まあ写真屋さんの粘りには遠く及ばないからね。一定速度で動く人工衛星の小さな光も見つけて、首が痛くなるほど眺めていたら冷たい風が出てきた。

時刻3:50、気温は11℃。まだ真っ暗だけど出発することにしよう。

ライトに浮かび上がるケルンを頼りにゴーロ帯に取り付いたら、後はピークまで登るだけ。真っ平な向こうに立派な山頂標識が見えてきた。日の出前の広河内岳へ続く稜線は美しいの一言だ。

白河内岳 2813m。貴重な自分入り写真。
白河内岳 2813m。貴重な自分入り写真。

いいね、せっかく稜線に居るんだもの、星を背にして夜明け前から歩くことは極上の山遊び。今日の行程が4日間の中では一番短いし、白河内岳でゆったり日の出を待つことにしよう。ザックを放って大休止とする。

光の筋が空を走る。 日の出は5:02。白河内岳より。
光の筋が空を走る。 日の出は5:02。白河内岳より。

塩見、蝙蝠、荒川、悪沢。南アの名峰が染まります。
塩見、蝙蝠、荒川、悪沢。南アの名峰が染まる。

大籠岳を越えて、広河内岳、農鳥岳へ。
前方に見える大籠岳を越えて、広河内岳、農鳥岳へ続く稜線。白河内岳より。

朝日に染まる靄に浮かぶ富士山。
靄に浮かぶ夜明けの富士山。

風が強くて凍えたけれどいい朝を見せてもらった。でも山頂には1時間半もいる。これはちょっと遊び過ぎだ。楽しみだった広河内岳までの稜線散歩を始めよう。

まだ朝焼けの色合いの塩見岳と私の影。
まだ朝焼けの色合いの塩見岳と私の影。白河内から広河内は塩見岳の展望コース。

赤いゴーロ帯から白い砂礫地帯に変わる。
赤いゴーロ帯から白い砂礫地帯に変わる。しばらくはどこを歩いてもいいような道なので適当に行く。ハイマツに行く手を塞がれることもあるが、見渡せばどこかしらに道はある。

大籠岳。2767m。立派な山頂標識がある。 トウヤクリンドウ 当薬竜胆 リンドウ科
大籠岳。2767m。立派な山頂標識がある。 トウヤクリンドウ 当薬竜胆 リンドウ科

大籠岳を越えて。
大籠岳を越えて。左のこんもりとした山が広河内岳。一番高いのが農鳥岳、右端のトンガリが北岳だ。

この辺りでちょいと迷った。中央部のハイマツ帯が所々禿げていたので、道が続いているものだと思ったが道が消えて引き返し。稜線の踏み跡に戻ってから再度見渡すと、写真の左端にケルンの様なものを見つけた。ハイマツ帯を左から回り込む様に行くと道が続いていた。

タカネビランジ 高嶺ビランジ ナデシコ科 ミヤマシャジン 深山沙蔘 キキョウ科
タカネビランジ 高嶺ビランジ ナデシコ科 ミヤマシャジン 深山沙蔘 キキョウ科

東の山並みの中には櫛形山も見える。
日が高くなると陽射しがきつい。東の山並みの中には櫛形山も見える。

農鳥岳方面。 広河内岳への急登。青空に登って行く。
農鳥岳方面。 広河内岳への急登。青空に登って行く。

広河内岳の山頂に登り詰めると、あれ?名前とは違って狭いピーク。もちろん展望は絶景でこの時間に立てたことは幸せ。

山頂には登山者が1人。18時間ぶりに人に会った。彼はピストンで大籠岳へ行こうか迷っていたけれど、断念して農取方面へ戻って行った。すると昨晩は笹山で張ったという登山者が後から登ってきた。椹島から笊ヶ岳を直登し伝付峠を越えてきたそうだ。白河内で遊んでいる間に追いつかれてしまった。

広河内岳 2895m。塩見と荒川・悪沢遠望
広河内岳 2895m。塩見と荒川・悪沢遠望。

間近の農鳥岳。
間近の農鳥岳。巨大な山体です。

白峰南嶺。
白峰南嶺。遠く特徴的な形の笊ヶ岳が見える。→拡大写真(簡単な山名付)

歩いてきた白峰南嶺を眺めながら最後の菓子パンタイム。雄大な展望と人けがない静かな山頂は離れがたい頂だった。農取へ向かうとちょこちょこ動く奴が。お、ライチョウ君久しぶり!

雷鳥。この旅ではこの1回きりだった。 大門沢下降点。
雷鳥。この旅ではこの1回きりだった。 大門沢下降点。

大門沢への分岐からは登山地図が変わって南アルプス北部になる。さすがはお盆連休で人気の白峰三山エリアに入ると登山者がぐんと増える。まあそう言っても北アルプスの人気コースに比べれば静かな方だが。

タカネツメクサ 高嶺爪草 ナデジコ科 タカネヤハズハハコ 高嶺矢筈母子 キク科
タカネツメクサ 高嶺爪草 ナデジコ科 タカネヤハズハハコ 高嶺矢筈母子 キク科

ミヤマクワガタ 深山鍬形 ゴマノハグサ科 富士は雲をまとった。
ミヤマクワガタ 深山鍬形 ゴマノハグサ科 富士は雲をまとった。

農鳥の登り。
農鳥の登り。実はこちらからの農鳥岳は登ったことがなかった。その山体の大きさに感心しながら山頂へ。

農鳥岳
農鳥岳 3025.9m。今年、仙丈に続いて2回目の3000m超え。
間ノ岳も北岳も見える。昨日と今日といい絶好の登山日和になった。

西農鳥岳へ。
西農鳥岳へ。ほんとでかい山体だ。個人的には間ノ岳より農鳥岳の方が好み。

西農鳥岳へ向かっていても塩見岳の展望コースであることに変わりはない。谷の向こう、塩見岳が正面を向いて素晴らしい眺めだ。

塩見岳。
塩見岳。格好いい山だよね。明日はあの左肩まで登って左の尾根に抜ける計画なのだが、、、。

さて、登山者のすれ違いにも困ることなく順調に歩いていたら「このあと高校生40人が来ますよ」と前方から来た人に教えられる。え?と思っていたら、皆大きなザックを背負ったその集団がずらーっと岩場を降りてきた。

「恐えー」と言いながら岩稜帯に慣れていない子も居る様で、こちらは完全に通過待ちで腰を下ろすことにした。最後尾に先生も付いていたけど、せめて20人で一回切ってくれないかなあ。天泊装備に見えたけど大門沢で張るのかな?それも恐い。

西農鳥岳。農鳥小屋が遥か下に見える。 チシマギキョウ 千島桔梗 キキョウ科
西農鳥岳。農鳥小屋が遥か下に見える。 チシマギキョウ 千島桔梗 キキョウ科

西農鳥から農鳥小屋に降り始めると途端に人けが無くなった。後ろから来る登山者も居ないし(あの40人に足止めとも言う)、農鳥越えの登山者は落ち着く時間帯なのだろう。そして遥か下に見えていた小屋にあっけなく到着。

農鳥小屋と間ノ岳 10:50 農鳥小屋と間ノ岳 10:50

手持ちの水はコンビニで購入の1Lだけ。残りの行程なら丁度とも言えるが、その水は「おまもり水」にしておこう。小屋でジュースを購入しますか。

ところが売店に人影が無い。それどころか小屋の廻りに登山者すら誰一人もおらず、探し回ったところやっと裏手でおじさん発見。桃の天然水スパークリングとあやしいスポーツ飲料をゲット。

以前テントを張った時は11年も前のことなので記憶が薄れていたが、この人が農鳥の名物おやじさんなのだろう。行程のことを聞かれたので話すと、南嶺や蝙蝠岳のことを色々教えてもらえた。小屋を離れてからも「気を付けて行けよー」と遠くから声をかけて見送ってくれた。

まあ、昔から何だかんだと言われるおやじさんではあるが、例えば北アの小屋で「お客さん」で対応されることが当たり前になった登山者には、この小屋の雰囲気は馴染めないこともあるんだろう。小屋の表には幾つかのうるさそうな注意書きもあったがどれも当たり前のことだ。

塩見岳。
さて小屋から少し登ったところで「三国平」への分岐。今回初めて歩く道にわくわく。正式名称は知らないが自分では間ノ岳の水平道と呼んでいる。と言っても水平道と名の付く近道的なトラバース道は大概水平ではない。

で分岐から入ると一旦、農鳥沢までガツンと下るのが見える。そこいら中浮石だらけで点線コースにした方がいいのでは?と最初から思えた。

農鳥沢から。今にも石が落ちてきそう。 沢から登り返して平和になった道。
農鳥沢から。今にも石が落ちてきそう。 沢から登り返して平和になった道。

登り返しが終わってやっと水平っぽい道になった。こりゃ逆方向だと最後でやられちゃうな。そして、もちろんというか誰にも会わない。

尾根を回り込むと、わ、まだあんなに続いている。

中央上のピークが三峰岳だ。
中央上のピークが三峰岳だ。その下にはカール地形の様なものが見える。

疲れが出てだらだらと歩いていたら、右の岩礫の中に水場的なものが。登山地図に表記は無いけどとても冷たい。3杯飲んで人心地。

水場的なもの。もちろんあてにはしない様に。 タカネヒゴダイ 高嶺平江帯 キク科
水場的なもの。もちろんあてにはしない様に。 タカネヒゴダイ 高嶺平江帯 キク科

冷たい水で癒されて秘密の水場で得した気分で歩いていると、涸沢とばかり思っていた三国沢はじゃじゃか水が流れている。上から流れ落ちている水だがそれなりの冷たさだ。

登山地図に水場表記が無いのは秋口には枯れるからだろうか?地図を見ながら考えてたら、おお、この沢は大井川最奥の流れではないか。このルートの見所と言えなくもない、マニア向けだが。

三国沢。冷たい水がじゃかじゃか流れています。 大岩が折り重なる道。
三国沢。冷たい水でした。 大岩が折り重なる道。

三峰岳もカール地形を持っているとはね。
三峰岳もカール地形を持っているとはね。

カール地形を越えて花が咲く草地をゆるやかに登って行くと三国平だ。

ゴゼンタチバナ 御前橘 ミズキ科 ハクサンフウロ 白山風露 フウロソウ科
ゴゼンタチバナ 御前橘 ミズキ科 ハクサンフウロ 白山風露 フウロソウ科

ツマトリソウ 端取草 サクラソウ科 三国平の分岐。
ツマトリソウ 端取草 サクラソウ科 三国平の分岐到着。

雲が出て陽射しが遮られているのは有り難い。今日はひと雨来そうだな。ここまで来れば行程は終わった様なもの。そうなると頭に浮かぶのはビールのことばかり。

樹林帯に降りていくと、ああ、バイケイソウばかりの斜面が。そして若芽が食べられた痕。こんな山奥でもシカの食害か。

マルバタケブキ 丸葉岳蕗 キク科 そこいら中マルバタケブキのお花畑。
マルバタケブキ 丸葉岳蕗 キク科 そこいら中マルバタケブキのお花畑。

熊ノ平小屋到着!

テントが3,4張立つ天場を抜けて小屋に到着。登山者が表でくつろいでいる。

あ、登山者に会うのは農鳥の下り以降初めて。水平道、誰も歩きませんね、やっぱり。
熊ノ平小屋到着!

まずは水。懐かしい水場に降りて行って、がぶ飲み、がぶ飲み。あ〜やっぱり天場に美味しい水があるのは最高だ。今日の天場は混むとのこと。できるだけ端から張るようにと受付時に言われたので、ちょっと斜めっている狭い所に押し込んだ。どうせ寝る以外は小屋の表のデッキで飲んだくれてるだけだし。

小屋前のデッキでビールで乾杯。もうね、昨日飲めなかった分、この一杯のうまさは格別だ。隣りあった方と話していると偶然にも山友(飲み友?)の知り合いということが発覚。私より山強度が凄い方で山話が面白かった。不思議な縁です。

小屋には何組もの登山者が到着している。農鳥界隈で見かけていた山ガール姿の登山者はさすがにいないが、以前に比べてだいぶ軽装の人が多くなった様に感じた。

夕飯はトマトハヤシライスにビーンズ乗せ。+具だくさんの味噌汁。 夕飯はトマトハヤシライスにビーンズ乗せ
+具だくさんの味噌汁。

このビーンズはけっこう使える。ただの白米に混ぜてごま塩をふっても美味しい。

白峰南嶺。

デッキからは農鳥岳、広河内岳、白河内岳が目前に並ぶ。はは、今日歩いてきた峰々が一望できるなんて何よりだ。
白峰南嶺。

調子に乗って500ml缶3本と焼酎を空けてしまって、いつ寝たかもいまいち憶えてない。まあ、仕方ないか。木立を超えて見えるこの稜線に派手さは無いが、私に酒をすすめさせる理由が有るのだから。


  3日目ヘ HOME