奥秩父主脈縦走    2012/04/28 - 05/02
1日目:奥多摩駅−六ッ石山−鷹ノ巣山避難小屋−七ッ石山−奥多摩小屋(天泊)
2日目:奥多摩小屋−雲取山−飛龍山−山ノ神土−水干−笠取小屋(天泊)
3日目笠取小屋−雁峠−古礼山−水晶山−雁坂峠−雁坂嶺−破風山−木賊山−甲武信小屋(天泊)
4日目:甲武信小屋−甲武信ヶ岳−国師ノタル−国師ヶ岳−北奥千丈岳−大弛小屋(小屋泊)
5日目:大弛小屋−朝日岳−金峰山−富士見平小屋−瑞牆山荘

3日目 04/30

 笠取小屋           4:52
 雁峠             5:12 休憩10分
 古礼山(これいさん)     7:00
 雁坂峠            8:08 休憩20分
 破風山(西破風山)     10:35 休憩20分
 サイノ河原         12:28 休憩20分
 甲武信小屋(天泊)     13:57

目覚ましを止めて少しグズグズしてから起き出す。今日の行程は短いので気持ち遅めの出発でよい。熱いコーヒーをゆっくりと飲んで体の内を整えてから、昨晩作ったアルファ米の半分でお茶漬け。

朝食はお茶漬け。

塩分を欲している体には、鮭茶、海苔茶の二袋でも薄味に感じる。次回は玉子スープでも入れようか。
朝食はお茶漬け

雁峠山荘 雁峠山荘。

倒壊の恐れがあり宿泊不適。緊急時なら使えそうだが、それなら笠取小屋に下るべき。

今日の天気は薄曇り。昨日下りてきた稜線まで登り返し、雁峠までゆるやかに下っていくとテントが張ってある。指定地ではないがこんなところで張るのは単純に気持ちいい。

雁峠 燕山への斜面から雁峠を見下ろす
雁峠。 燕山への斜面から雁峠を見下ろす。水場は残雪使用かな?

笹原の急登を行くと富士山がうっすら見えていた。三日連続の富士に気を良くする。曇りと言っても高曇りな天気で、遠く雲の様に南アルプスの白い峰々が連なって見えていた。

燕岳のピークらしきところをピストンしてから、東側の斜面を歩いていくと氷化した道になってきた。今回はダブルストックなので、アイゼンは出さずに慎重に歩いていくと古礼山の分岐に到着。

写真で見るより氷化しているのでやっかいな道です。 古礼山の分岐
写真で見るより氷化しているのでやっかいな道です。 古礼山への分岐。

実は過去2回の奥秩父縦走では古礼山を巻いていた。今回の目的の一つに古礼山のピークを踏むこともあったので迷わず向かう。

まばらに立つ木々がすぐに開けてベンチがある笹原に出た。展望と休憩場所があるとは思ってもいなかったので、驚きながらもベンチに腰を下ろし今日最初の大休止とする。

足を投げ出し寝そべりながらドライフルーツをかじっていたら、ワカン単独行の方が通り過ぎて行った。昨日は水干に行っている間に抜かされたようで先に笠取小屋に到着していた。今日も同じ時間に出て先を目指している。自分と同じ行動時間帯に(やっぱりそうだよね)と心の中で相づち。

古礼山手前の展望地 古礼山(これいさん)山頂
古礼山手前の展望地。 古礼山(これいさん)山頂。2112m

なぜ今まで古礼山に寄らなかったのか不思議に思いながら山頂を越え、鬱蒼とした樹林帯に戻るとまた氷化した雪斜面になった。柔らかなそうな場所を選んで降りて、先へ行くと所々笹原の鞍部になる。

冷たい風に吹かれ左に目をやれば遠くの山並みが霞んでいた。太陽もどこにあるか薄雲越しに探す様だが、二日目まで暑さで苦しんだこともあったので今日はこのまま曇りでいいとしよう。

古礼山からの下り 水晶山山頂
古礼山からの下り。 水晶山山頂。2158m

水晶山からは更に雪が深くなり、完全に残雪の森を行く行程になった。雪の森をひたすらに進んでいくと、あれれ?向こうに見えるのは雁坂嶺ではないだろうか?雁坂小屋への分岐は雪のせいで完全に見落としてしまった。

雁坂嶺が見えた 雁坂峠。日本三大峠
雁坂嶺が見えた。 雁坂峠。日本三大峠。解説看板拡大

雁坂峠はもちろん休憩。カロリーメイトを食べながらぼーっとしていると、途中で抜かしたワカンの単独の方と笠取からの小屋泊装備の方が到着。こうやって縦走していると、度々同じ顔に出会うので自然と仲間意識が出てくる。

雁坂峠からの展望
雁坂峠からの展望。これを見る度に(いつか乾徳山と国師ヶ岳を繋げたい)と思う。

2人に声をかけて先に出た。見晴らしの良い草地の尾根は展望を眺めながらゆっくり登る。

樹林帯に入って長く続く雪道に「こんなに登ったっけ?」と不思議に思いながら行くと、樹林に囲まれた小さな広場に出てやっと雁坂嶺に到着。

この時期、樹林帯は雪道です。 雁坂嶺。
この時期、樹林帯は雪道です。 雁坂嶺。

東破風山への登り返しは最後が急で雪が多く、さすがにアイゼンを付けた方が楽だったが、めんどくさがって西破風山まで行った。

西破風山までの間で金峰方面から抜けてきた若い登山者と出会う。その登山者から話を聞くと、やはり国師から甲武信の間は難儀したそうで、深い雪と踏み抜き地獄で途中でビバークになったとのことだ。ビバークと言っても全装なので確信的なのだろう。「トレース使わせてもらいまから」と別れ際に言うと、「迷いに迷って歩いてたから遠回りになってますよ」と若者は笑いながら力強い足取りであっという間に消えて行った。

東破風山への登りはアイゼン着けましょう。 西破風山へ
東破風山への登りはアイゼンを着けましょう。 西破風山へ。北斜面は雪が更に深し。

西破風山 富士が墨絵のよう。
西破風山。休憩+アイゼン装着。 富士が墨絵のよう。

樹林帯が切れると甲武信の展望が待っています
樹林帯が切れると甲武信の展望が待っている。左手前の山塊が木賊山(とくさやま)、
中央が甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)、右が埼玉県最高峰の三宝山(2483.3m)。

ちなみに甲武信は甲斐・武蔵・信濃の頭文字を示し、山梨・埼玉・長野の県境にまたがる山ということだ。

西破風山から破不山避難小屋(笹平避難小屋)までの大下り。 西破風山から破不山避難小屋までの大下り。

氷化した残雪がうまい具合に登山道の溝に詰まっているのでアイゼン必須です。

アイゼンの爪を利かせてガシガシ下り、登山道の斜度がゆるくなってアイゼンの脱ぎ時を考えているうちに避難小屋に到着した。

小屋脇のテーブルで行動食を食べながら時間を見るとCTをややオーバーしていた。やはり雪道になると時間がかかるな。明日はこの山旅で一番の難所になるので1.5倍は見ておかなくては。

アイゼンはすぐに使いそうなのでザックの下に括り付けて出発。

破風山避難小屋(破不山避難小屋) シャクナゲに邪魔される道になります
破風山避難小屋(破不山避難小屋)。小屋内部 シャクナゲが意外とやっかい。

地図ではあと少しなんだけれど避難小屋からがきつかった。登山道に詰まった残雪のせいで、無雪期なら邪魔にならないシャクナゲの枝葉を掻き分けることになる。シャクナゲ地帯をやっと抜けて、えぐれた登山道を登りきるとぽかっと開けた砂地に出た。地図によるとサイノ河原かな。

サイノ河原から西破風山の展望
サイノ河原から西破風山の展望。

ここで最後の休憩。ワカンの単独の方ともここで一緒になった。遠方まで続く山並みはやがて霞んで消えていた。ずい分と歩いてきたなあ。

雪が締まってトレースが残らない道も 巻き道分岐
雪が締まってトレースが残らない道も。 巻き道分岐。この時期は巻くことにならないです。。。

サイノ河原からは今日の締めの歩きになる。締まった雪道を登って行くと小屋への巻き道が現れた。もともと木賊山経由で行こうと思っていたけれど、この時期は巻いたとしてもこの巻き道の方が時間がかる。

巻き道を横目に登り続けると大通りの様なトレースにひょっこり出た。西沢渓谷から甲武信までのメインストリートだな。

木賊山(とくさやま) 賊山から甲武信に向かうと甲武信最後の展望です
木賊山(とくさやま)。道標が埋もれてます。 木賊山から甲武信に向かうと甲武信最後の展望です。

甲武信小屋到着! 甲武信小屋到着!

今年の雪は多めとのこと。

まずは取る物も取り敢えずビール、ビール!、ぷはー!!9時間歩いた体に効きますなー。受付では助っ人で小屋の手伝いに来ている知人が忙しそうに働いていた。さすがに百名山のお膝元ですな。

西沢渓谷からの登山者が続々到着する時間帯らしく、小屋前が登山者であふれ始めたのを機にテント設営をする。5年前と同じ小屋近くの整地済みのところが空いていたので楽にテントを張れた。

また小屋前のテーブルに移動し早めの夕飯の準備にとりかかる。

ナポリタン味のマジックパスタ ビーフン+和風きのこパスタソース
ナポリタン味のマジックパスタ。 ビーフン+和風きのこパスタソース。

まずはツマミ代わりのマジックパスタ。んー及第点かな。お次は太めのビーフン+和風きのこパスタソース。んー見事に麺ダブリ。ビール3本の後は日本酒を購入し直火で熱燗。ゴールデンコース〜。

小屋前のテーブルには自然と単独行の方々が集まった。もちろん話題はこ甲武信以降の道状況。各々聞いている情報を元に行くか降りるかを迷っている方ばかり。連休に入ってから2,3人しか抜けてきていないらしく、途中でビバークしたなんて聞けば小屋泊の方は降りることに決めるだろうし、天泊者でも迷いどころだろう。下り坂の天気予報も追い打ちをかけ西沢渓谷へ下る結論に至る人が多かった。

私は行くことに変わり無いので、小屋の表のテーブルで会った単独行2人の若者と、スコッチのお湯割りをやりながら互いの山話で盛り上がった。

テン場。

この日のテントは16張。5年前はビールを飲みながら小屋のストーブでだらだらしたが、今日は潔くそのままテントで寝ることにした。

さあ、明日はいよいよ国師越えだ。
テン場。


4日目ヘ