栂海新道縦走
 2008/08/09-12
 1日目:栂池自然園−白馬大池−白馬岳−村営頂上宿舎
 2日目:村営頂上宿舎−白馬岳−雪倉岳−朝日小屋
 3日目:朝日小屋−朝日岳−長栂山−サワガニ山−栂海山荘−白鳥小屋
 4日目:白鳥小屋−ホテル親不知(国道8号)−親不知海岸

4日目 08/12
白鳥小屋         4:55
坂田峠          6:15
ホテル親不知(国道8号線)8:30
海岸           8:40

暑さで寝苦しく寝不足気味だが今日は下るだけなので楽勝だ。 しかし、どうも黄連ノ水場で汲んだ水が体に合わないらしく胃が活動してくれない。 お茶漬けを食べてから正露丸を一応飲んでおく。

上は見晴らしがいいよと昨日一番最後に着いた3人組のおじさんが降りてきて教えてくれた。 この小屋は屋根の上に展望台があって、外側から梯子で登れるようになっている。

黒姫山・糸魚川方面の
夜明け
白鳥小屋の屋上より

私も恐々登ってみると確かに微風が気持ち良く、進行方向には何の突起も無く海が広がっているのが見える。 起きた時には見えていた糸魚川の街明かりはもう消えていた。

よし、そろそろ出よう。

十分明るくなったので日が昇る前に出発した。 できるだけ涼しいうちに歩いておきたい、という考えなのだが歩いて10分、もう汗だく。 ぐんぐん標高を下げ、あっという間に1000mを切った。


歩き始めてすぐに日の出

登山道にも朝が来た

シキ割ノ水場

階段やロープが垂れ下がる長い急坂を足の疲れなど気にせずドカドカ下り続けると車道に出た。 持っている地図が古くてあるはずの無い車道が出てきて一瞬戸惑うが道標には坂田峠の文字。 そのまま車道を突っ切ると、登山道の右側にお地蔵様と坂田峠の歴史が書かれた案内板があった。


坂田峠へは急降下の道

坂田峠には林道が横切っていた

坂田峠のお地蔵さま

ザックを降ろして道端で休憩。先ほどから吐き気がしていた。ここ2,3年、急に山水に弱くなった。 湧き出たばかりの冷たい水ならば大丈夫だが、少し古くなると体が受け付けなくなる。 きちんと煮沸しなきゃダメか、歳かなあ。 国道に出たらホテル前にあるだろう自販機でジュースを一気飲みだー、と自分を励まして進む。 木々の間から見える海には白く筋状に波も見えていた。確実に近づいている。

道はちょっとした登りはあるが基本は下り続ける。 すると1人の若者が半袖短パンで登ってきた。荷物は小屋泊まりぐらいの大きさ。 挨拶すると親指を後ろに向けて「もうちょっとでゴールですね」と言いながら颯爽と登って行く。 ふふ、嬉しいことを言ってくれるぜ。 そのまま下るとまた車道に出た。ここでアスファルトに寝転がって最後の休憩。あと一山越えれば国道だ。


登山道はぐんぐん暑くなる

尻高山 677m

日陰のアスファルトに寝転がる

薄暗い林内を早足で進んでいると、ふと通り過ぎた視界の中に気になる色があった。 近付いてみると初めて見る華やかなランだった。後で調べてみたらやっぱり絶滅危惧種。

ゴールはすぐそこだよと、先ほどの若者に続いて声援をもらっているようだ。

平らな入道山からは最後の下りとなり、送電線の鉄塔を過ぎて杉林に入った。 国道を行く大型トラックの音がひっきりなしに聞こえてくる。そして見えた、国道8号。


海風のようなものを感じる

もう海面の様子まで見える

国道だー!

栂海新道登山口

国道脇の駐車スペースに降り立った。今通った木のアーチを見上げると「栂海新道登山口」の入り口が。

8時30分、着いたぞ〜。

親不知観光ホテル

と、とりあえず冷たい物、、、国道を渡ったホテルの前にある自販機へ。 そしてアクエリアス500ml一気飲み。で、もう1本買って、飲みながらホテルの駐車場の隅から海岸へ降りた。

遊歩道をかなり下ると、断崖絶壁に囲まれた狭くて玉石だらけの小さな海岸があった。

ゴール

標高0mか、波打ち際で日本海にタッチ。これでこの山行が終わった。

でも、不思議と感動とかそういう気持ちは弱かった。

私は、太平洋からここ親不知の日本海を、一度の山行で歩いて繋いだ人を2人知っている。 その2人は時を違えど、最後にこの海を見たとき、波に触れた時、自分だけしか得ることのできない何かを感じたんだろう。 その経験者から話を聞いていたからか、3泊4日のお手軽行程では、あっけなかったという思いが強かったのかもしれない。

親不知の海

私も太平洋から日本海の線繋ぎをしているが、もちろん一筆では無く少しずつ繋げている。 この山行もその一環だ。でも最後に繋ぐのが下界の車道だったら嫌だな。 この海、残しておけばよかったかも?なんて本当にその時が来るのかあやしいもんだと苦笑いしながらホテル前に戻った。

さて、国道を歩いて親不知駅まで1時間、とエアリアには書いてある。 書いてはあるのだが、この国道は歩道が無く、幅いっぱいを大型トラックがバンバン走っている。 こりゃ、神頼みレベルだな。出かける前から、この1時間が核心だと本気で考えていたが、はっきり行って私には無理です。

じゃ、タクシーかなーと思っていたら、小屋で一緒だった単独の女性が降りてきた。 昨夜その方に「降りる時間が一緒になったら、駅まで送ってあげるわよ」と言われていたのでグットタイミング。 駆け寄って「お願いします」。有り難いことです。

青海駅

親不知駅のはずが、通り過ぎてしまって、次の青海駅で降ろしてもらった。 逆方向なのにわざわざ乗せてもらって感謝です。

青海駅で1時間以上待ち、糸魚川駅で2時間以上待ち、大糸線の南小谷駅には14:10ごろ到着し、次の電車は15:08。 ・・・って、もう待つのはイヤだーということで、南小谷駅から栂池の駐車場までタクシー2300円也。なんだ近いじゃん。

ほぼ雷を聞くことも無く、雨も初日の夜中に小雨がきた程度。 栂海新道、本当に素晴らしい道です。思っていたよりもコースに変化があり、黒岩山までの湿原が秘密の散歩道のようで美しい景色でした。 でも、もちろん骨太な縦走路。今回この山旅が出来たことはとても幸せでした。

-------------------おまけ-------------------

青海駅で電車待ちで座っている時に、何気なくふくらはぎを撫でたら「ザラッ」とした感覚とパラパラ落ちる音。 「んん?」と素足をよく見ると、びっしりと白い物が付いていた。 うわっ、ダニ?変な虫!?もの凄く驚いたが、よくよく見てみると、虫刺されの傷から出た汁が固まったものだと理解。 こんなに刺されていたとは。。。昨日小屋の表で虫がすごかったからなぁ、と原因が分かってほっと一息。

だけれども、、、家に帰ってきて虫刺されにムヒを塗っていたら、左足だけで230箇所。 体全体では500箇所ぐらい刺された模様。虫刺され痕が赤くなって伝染病みたいになり、足全体が熱を持って鬼が持っている金棒みたく太く腫れています(泣。
(汚い足でお見苦しいですがこんな状態に→鬼の金棒

標高が低い山の中では肌の露出にご注意あれ。


トップへ