栂海新道縦走
 2008/08/09-12
 1日目:栂池自然園−白馬大池−白馬岳−村営頂上宿舎(幕営)
 2日目:村営頂上宿舎−白馬岳−雪倉岳−朝日小屋(幕営)
 3日目:朝日小屋−朝日岳−長栂山−サワガニ山−栂海山荘−白鳥小屋(小屋泊)
 4日目:白鳥小屋−ホテル親不知(国道8号)−親不知海岸

2日目 08/10
村営頂上宿舎        4:15
白馬岳           5:15発
雪倉岳           8:35 9:00発
朝日小屋(天泊)     12:50

夜中には寒さで何度か目が覚めた。180gダウンのシュラフのみではちと寒かった。 シュラフカバーを持ってくればよかったかな?、と思ったけれどテントは2泊だけだしね。

2:45の目覚ましで起きて朝食の用意。実はこの天場、3度目にしてやっとテントで寝ることができた。 1度目は風雨で張ることすらできず、2度目は夜8時半ごろに暴風雨でトイレに逃げ込んだ経験があるので、 外に出て満天の星空と幾つかの流れ星を見た時は「やっと泊まれたよ」と思わずつぶやいた。

ちなみに私は起きてから出発まで1時間半をみている。 ちょっと時間をかけ過ぎに思えるが、朝のお通じをきちんと済ませて出発したいからだ。

出発する頃の天場
丸山にはヘッドランプの光りも見える

ラーメンを食べて撤収開始。テントはびっしょりに濡れていた。 地面も濡れていたので、夜中に小雨でも降ったのかな。 パッキングを済ませて、天場入口の大きな黄色いタンクから水(無料)を補給して出発した。

白馬山頂へ

上の白馬山荘の周りにも起き出した光達が揺れている。

日の出 白馬岳山頂より

白馬岳からの日の出はガスが多かったので少し遅れ、薄雲に巻かれる杓子・白馬鑓も染まることはなかった。

でも今日も好天だ。涼しいうちに足を進めておこう。


杓子・白馬鑓方面 山頂より

三国境へ少し下ってから山頂を振り返る


イブキジャコウソウとシコタンソウ

小蓮華山

前方、雪倉岳まで続く稜線の裾野には残雪が多く、朝日に照らされてやさしげに道すじが浮かび上がっている。

雪倉岳へ 三国境付近より

三国境

多くの登山者が溜まっていた。 白馬岳側からがほとんどで、その大体の人が白馬大池へ向かうようだ。

三国境から雪倉岳方面へ降りていくと途端に人影がなくなった。 尾根のうねりの中から振り返れば、旭岳から西に続く尾根がやけに高く見える。 祖母谷温泉に続くその道もいつかは歩いてみたい。


登山道は広く歩き易い

旭岳から西に伸びる尾根


コマクサ 駒草
ケマンソウ科

ミヤマムラサキ 深山紫
ムラサキ科

ミヤマコゴメグサ 深山小米草
ゴマノハグサ科

登山道に揺れるマツムシソウや最後まで頑張っているコマクサにニッコリしながら、 鉢ヶ岳のトラバース道に差し掛かると斜面一体がお花畑の真っ最中。

鉢ヶ岳斜面のお花畑

ハクサンイチゲとシナノキンバイとハクサンコザクラが、それぞれに模様を作って残雪を頂く斜面に咲き乱れていた。

分岐で休憩したばかりだっのにザックを降ろしてしばらく居座る。


ミヤマアキノキリンソウ
深山秋の麒麟草 キク科

ハクサンイチゲ
白山一華 キンポウゲ科

ハクサンコザクラ
白山小桜 サクラソウ科

こちらはハクサンコザクラ多し。かわいい花です。

登山道には雪渓もあり。


ニッコウキスゲ
日光黄菅 ユリ科

クルマユリ
車百合 ユリ科

タカネマツムシソウ
高嶺松虫草 マツムシソウ科


カライトソウ
唐糸草 バラ科

タテヤマウツボグサ
立山靫草 シソ科

ハクサンシャジン(白花)
白山沙蔘 キキョウ科

雪倉岳

雪渓を2度渡って稜線に上りきると、雪倉岳との鞍部に雪倉岳避難小屋が見える。 まっ平な道を歩きながら見る雪倉岳は南アの兎岳に似ている感じがする。


雪倉岳避難小屋
 

避難小屋内部
 

使用上の注意です。本当の意味での避難小屋として使用すること

雪倉岳へ

昼飯は山頂で食べようと小屋の内部を確認してからすぐに登り始めた。

白馬岳でも見ていたウルップソウの花期後の姿が登山道の脇にたくさん並んでいた。 その時期にはさぞ見応えがあるんだろう。


ミヤマラッキョウ 深山辣韮
ユリ科

ハクサンイチゲのお花畑
一色もいいですね

がんばって開いたタカネコウリンカかなぁ?

山頂手前、登って来た道も見えるように白馬岳方向を見渡すと、 白馬岳と旭岳が相耳峰のように奥に聳え、残雪が美しい雄大な山稜が広がる。

先ほど超えてきたばっかりと思っていた白馬岳はもうあんなに遠い。 雪倉まではあっという間の行程だった。

雪倉岳の山頂は予想に反して岩葛が折り重なっていた。周囲は雄大な眺め。 尾根のうねりと随所の残雪が美しく(これが見たかったんだよね)と好天に感謝。 ここで行動食のカレーメンチカツパン。縦走途中ではこんな味がたまらない。


雪倉岳山頂

”雪倉岳”素敵な名前ですね

山頂で食べようと思っていたB級な味!

雪倉岳の大きな山体の下り道はダイナミックな風景だ。登ってくる登山者が多いし、 山頂周辺にも登山者が溜まっていたし、この辺りが朝日小屋と白馬側からの登山者が行き会う位置にあるらしい。

朝日岳と長栂山。

朝日岳へは一旦かなり標高を落とす。 砂礫の道には駒草が最後の花を落としそうに付けていた。


シモツケ
下野 バラ科

ミヤマアケボノソウ
深山曙草 リンドウ科

クモマミミナグサ
雲間耳菜草 ナデシコ科

砂礫の道が終わり周囲が草地になると高山帯とは違ったお花畑になる。 陽だまりの登山道には草花の匂いが立ち込め、暑さからも標高を下げてきたことがわかる。

お花畑

カライトソウ、オトギリソウ、マツムシソウ、ミネウスユキソウ、ハクサンシャジンなど。

雪倉岳の下りが終わるとなだからなトラバースの道に変わり、 前方に見える赤男山は左から巻いて越えて行く。

水場の状況は、進行方向燕岩手前は細くてあまり冷たくないが、次の常水は勢いよく流れる沢で冷たく美味しい。 常水からは木道が始まるので、ここで水をかぶって休憩にする。

燕岩手前の水場付近

燕岩手前の水場脇には一張り行けそうな空き地。もちろん指定地以外は幕営禁止です。

燕岩手前の水場

水量は細くてあまり冷たくない。

燕岩

岩というより崩壊地って感じです。瓦礫の登山道を急いで渡ります。


イワイチョウ
岩銀杏 ミツガシワ科

コバギボウシ
小葉擬宝珠 ユリ科

ミヤマツボスミレ
深山坪菫 スミレ科

常水

常水は冷たい沢水です。”常”っていうぐらいだから涸れることは無いんでしょう。ここから木道が続きます。


心休まる木道の登山道

チングルマのお花畑

木道の周囲にはハクサンコザクラが咲き、点在する池のほとりにはなんと水芭蕉も咲いていた。 雪解けが遅かった影響だからか、思いがけず木道に付き物の花を見ることができて驚きと喜びが一緒だった。


白山小桜たち この辺り、小桜ヶ原と言うそうな

地塘の水面に水芭蕉が映る

やがて朝日岳と朝日小屋の分岐に到着。今日は朝日岳は巻いて白馬水平道から朝日小屋へ行くとする。 朝日岳はどうせ明日登って越える頂だし、 この暑さで体力の方も消耗しているし、ま、何と言っても早くビールを飲みたくてしようがない。

水平道の斜面側は雪解けが遅いらしく、残雪が多い時期は通行禁止らしい。 それを示すように「水平道は通行できます。」という看板がわざわざ立ててあった。


朝日岳の分岐

残雪の上を歩くことも多い

スノーブリッジになっている道もある

少し前から朝日岳は雲に覆われ、朝日小屋方面は灰色の暗い雲になっていた。 今日こそは雷雨があるかも?と水平道を急ぐ。 道は確かに残雪が所々にあり、スノーブリッジになって今にも落ちそうな場所もあって避けて通った。 それとアップダウンがかなり有り、 もう着いた様なもんだと思っていた体には余計にきつくて「どこが水平道だー」と文句たらたら。 でもそんな気持ちも登山道の脇にたくさん並んでいるキヌガサソウを見ると自然にほぐれた。

やがて道は斜面にへばり付く様な小道に変り、ガスで視界が無い中を黙々と歩いていくと、やっとこさ左前方の尾根に赤い三角屋根が。


斜面の登山道

おお、左の尾根上に三角発見!

朝日小屋到着〜

朝日小屋は朝日平と呼ばれる平坦地にあり、展望も良さそうなのだが今は真っ白。 とりあえずウエルカムドリンク代わり(自分で買うのだが)ということで、まずはビールー、とテントの受付と共にドライ500缶。 受付後ろの冷蔵庫から冷たいのが出てきた。わーこりゃ今日は時間も早いし、どうなっちゃうんだろう♪と薄気味悪くにんまりする。

まだ小屋の表は静かで、テーブルにツマミを出して設営そっちのけで飲みだした。あ〜営業小屋っていいなあ。

設営してから2本目を飲んでいると続々と登山者が到着してきた。 自分1人だけだったテーブルも6、7名の団体さんで埋められて、さすがに騒がしすぎるので場所を変えて飲み続けた。


天場サンダルと靴紐が妙な登山靴

雪解け水が引かれた水場

夕飯は牛丼

朝食の時間を考えると16時には夕食を済ませておきたいので夕食の仕度は15時から始めた。 昨日はナッツ類や余ったおにぎりで夕食を済ませたので、今日はちゃんとしたもの、ということでアルファ米+レトルトの牛丼と味噌汁。 ビールも3本目が空になる。


朝日小屋と天場

夕方近くにはガスがパッと晴れた。目の前には朝日岳が見えなかなかの立地だ。 酔った足で周囲をウロウロしてみると、遠く白馬岳も少し染まっていた。

夕日ヶ原が淡く染まる

なるほど、落ち込んで行く木道が夕日に照らされていた。 そのまんまと言えばそんなネーミングだが、夏の縦走できれいな夕日が見られることは嬉しい。

最後のビールを追加して、今日も良き日なり、とご満悦。

夕日とチングルマ

20時過ぎても若いグループの笑い声が天場に響いていていた。

でも酔いの方が勝ってそんな雰囲気も何か楽しく、心地良く眠りに落ちた。


3日目ヘ