白山連峰縦走
 2008/07/19-21
1日目:石徹白登山口−三ノ峰−南竜ヶ馬場野営場
2日目:南竜ヶ馬場−室堂−御前峰−大汝峰往復−北弥陀ヶ原−ゴマ平避難小屋
3日目:ゴマ平避難小屋−妙法山−野谷荘司山−馬狩−白川郷合掌村

1日目 07/19
石徹白登山口(いとしろ) 6:30
神鳩ノ宮避難小屋     7:55/ 8:20
三ノ峰避難小屋     11:25/11:55
別山          14:00
南竜ヶ馬場野営場(幕営)16:30

「白山に行きましょう!」と誘いを受けた時は、遠出が億劫なので最初は乗り気じゃなかった。 アルプスから西側へは、山行としてまだ行ったことがなかったし、 白山自体、山名は知っていても山容はほとんど知らなかった。

作戦会議と称した飲み会で白山のエアリアを広げてみると、地図1枚分に山域が広がり、飯豊や朝日のような大小のピークが連なる連峰になっている。 そして「どうせ歩くなら」と決まったコースは、地図南端の石徹白口(いとしろぐち)から入り、南縦走路、北縦走路を歩いて、下山口はなんと世界遺産の白川郷だ。 CTの合計も飯豊朝日と比べても遜色無いどころか、それを超えている。 車の回収計画もなんとか立案できたし、これは面白い縦走になりそうだぞ。

金曜の夜、白山の話を持ち出したしげぞうさんを拾ってマイカーで岐阜へ出発。 松本ICで高速を降り、安房峠を越えて飛騨高山を突っ切って、高山西ICからまた高速に乗り、ひるがの高原SAで仮眠後、石徹白登山口の駐車場に朝6時ごろ到着した。 走行距離は約370km。思ったより走らなかった。


大杉ふれあい広場(駐車場)

白山連峰鳥瞰図。図拡大

南縦走道へ

駐車場の入口には、石徹白から白山を経て白川郷までの鳥瞰図があり、まさしく今から歩く道なので気持ちも高揚してきた。 登山口の水場でのどを潤してから、趣のある四百二十段の石段へ踏み出す。 涼やかなブナ林の中、石段を登りきると、ぽっかりと空いた広場に巨大な古木が立っていた。

特別天然記念物 いとしろ大杉

あまりに立派な巨木でいきなり驚いた。幹まわり13.5m、樹齢1800年。この道は三本の白山古道の一つ、 美濃禅定道として、古くは登拝で賑わった。

信仰登山で行き交う人々を、最初の1人からこの杉が見守っていたのかと想像したら胸が熱くなった。やるな、石徹白口。

ブナ森の登山道

陽が射してきた登山道を進み、「おたけり坂」、「雨宿りの岩屋」などの伝承が残る急登を過ぎると、神鳩ノ宮避難小屋に到着。

避難小屋の中やトイレはとてもきれいで、きちんと管理されていた。水場はやや急な道を往復7分。細いながらも冷たくて美味しい水が出ている。


神鳩ノ宮避難小屋

避難小屋内部

水場

縦走路。遠方に別山が見える。

避難小屋を過ぎてからは森林限界になり、「母御石」を過ぎると気持ちの良い眺めになる。

梅雨明けと共に入ったので今日は良い天気だ。そしてこれ以後、登山道は灼熱地獄と化していく。


ササユリ 笹百合 ユリ科
緩やかに登る平たい笹原を行くと、ニッコウキスゲやササユリが咲く銚子ヶ峰に着く。

銚子ヶ峰から見る別山は、まだ遥か遠くに見えていた。

銚子ヶ峰山頂


ガスが出てきて、残念なような有り難いような

黄色と桃色の百合が織りなす美しい道です

道中の花達。


タカネナデシコ 高嶺撫子
ナデシコ科

クルマユリ 車百合
ユリ科

ミヤマカラマツ 深山唐松
キンポウゲ科

アカモノ 赤物
ツツジ科(別名イワハゼ)


タカネマツムシソウ
高嶺松虫草マツムシソウ科

テガタチドリ
手形千鳥 ラン科

オオバキスミレ
大葉黄菫 スミレ科

ヨツバシオガマ
四葉塩竈 ゴマノハグサ科

一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰とアップダウンが続き、神鳩ノ宮で汲んだ水の消費量が激しい。 流れる汗は粘度が無くなり、ただの水のようになってきた。 しげぞうさんは元気に先へ進み、こちらは離されがちになっていたが、 タカネナデシコやクルマユリなど見つけては、写真を撮るという名目で休み休み歩いた。


一ノ峰へ

三ノ峰近くで残雪を登る

あれを超えると三ノ峰だ

ここまで一人に抜かされただけで、すれ違いは無かったが、三ノ峰避難小屋まで来ると3人の登山者が小屋の表で休んでいた。 福井県側の登山口(鳩ヶ湯)からも、三ノ峰まで道がついているので、三ノ峰や別山へ日帰り登山をする人がいるらしい。

三ノ峰と別山遠望

小屋の周辺はニッコウキスゲが咲き、憩う登山者はビールなんぞ飲んでいる。 ああ、早く天場で落ち着きたい。

でも別山はまだ遠くに見えている。 あれを越えて更に2時間以上も歩かねば。


三ノ峰避難小屋

避難小屋内部

三ノ峰

別山 三ノ峰より

登山道自体は相変わらず気持ち良い道が続く。 コイワカガミやオウレンなどの小さな花や、風に揺れるキスゲの風景で立ち止まっては、バテた体を休ませてもらう。


タカネアオヤギソウ
高嶺青柳草 ユリ科

センジュガンピ
千手岩菲 ナデシコ科

クガイソウ
九蓋草 ゴマノハグサ科

ハクサンシャクナゲ
白山石楠花 ツツジ科

登山地図の冊子で見たキスゲの原を期待しながら、一歩一歩、やっとの思いで別山平へ登り詰めると、おお、一面にキスゲ咲く原が広がっていた。 緑野にキスゲの黄色が点々と散らばり、優しげな美しい景色だ。しばしこの絵に憩う。

ニッコウキスゲが咲く別山平。花付きが悪い年だが見応え十分。

残雪が多い御前峰あたりも見えた。 ガスが多くて、どれがどれだが判らないが、今日中にあの麓まで行くのかと思うと、ちょっとめまいがしてきた。先はまだ長いぞ。


室堂方面 別山平より

別山までの登山道

別山の山頂近くまで登ると、空がガスに覆われてやっと灼熱地獄から解放された。 三ノ峰は見渡せるが、進行方向の稜線にはガスが覆い被さってる。 別山へは北方から空身で往復している人も多く、登山者が途切れることが無かった。 道標にはここから石徹白口までの距離が18.9kmとある。うへ〜、なんだそんなに歩いて来たのか、そりゃバテるわ、と納得。


別山の道標。まだ4.7kmもある。。

別山山頂とイエローな人

岩室 御舎利山寄り


ミツバノバイカオウレン
三葉の梅花黄蓮
キンポウゲ科

ニッコウキスゲ
日光黄菅
ユリ科

チングルマ
稚児車
バラ科

アオノツガザクラ
青の栂桜
ツツジ科

ガスが出て展望が利かなくなっても、ハクサンコザクラが登山道の脇を飾り、度々現れるキスゲの群生が目を楽しませてくれる道だ。

ハクサンコザクラ
白山小桜 サクラソウ科

これが見たかったんだよなあ。白山だもんね。
このコザクラは、他の山に咲くものよりも可愛く見える、ような、気がする。

緑野に伸びる登山道


登山道には残雪もあり

キスゲとミヤマカラマツのお花畑

陽射しが無くても汗がだらだら流れる。 バテバテで重い足を引き摺る様に歩いていくと、周囲のガスが取れ、谷を隔てた対面に残雪をまとう御前峰が見えてきた。

御前峰と南竜ヶ馬場

山麓には今日の幕営地となる南竜ヶ馬場も見えている。まずはひと安心。

南竜ヶ馬場

残雪混じりの道を谷へ急降下し、沢を渡って登り返せば、 木道が敷かれている南竜ヶ馬場に出た。やっと着いたー!

無事に歩ききったことに安堵しながら黒百合が咲く天場への道を上がると、なんですか、この人ごみは!。 白山唯一の天場は、すでに大勢の天泊者で賑わい、 あまり山臭くない小奇麗な格好の人や、子供を連れたファミリーも多く、今までで一番人が多い天場かも。

空きを探してキョロキョロしていると、わっ、なんとsanaeさん・トシちゃん夫妻にばったり! 時間も遅いので、まずは幕営・夕食を済ませねばと、簡単に挨拶してから、二人用テントがぎりぎり張れる場所を見つけて設営&テント受付。 まずはビールで乾杯。う、うますぎる!!。石徹白口からちょうど10時間で天場に着いた。長い一日だった。


クロユリ 黒百合 ユリ科

南竜ヶ馬場野営場

夕飯 ご飯大盛にしてもらっちた

sanae家にて

夕食が終わり、ほろ酔い気分でsanaeさんのテントにお邪魔した。 もう休んでいらっしゃったのに、自家製の梅酒や漬物をご馳走になって、短い時間だったけれど、美味しく楽しいひと時を頂けました。 ごちそう様です〜!


2日目ヘ