白山連峰縦走
 2008/07/19-21
1日目:石徹白登山口−三ノ峰−南竜ヶ馬場野営場
2日目:南竜ヶ馬場−室堂−御前峰−大汝峰往復−北弥陀ヶ原−ゴマ平避難小屋
3日目:ゴマ平避難小屋−妙法山−野谷荘司山−馬狩−白川郷合掌村

3日目 07/21
ゴマ平避難小屋      4:40
シンノ谷         5:35
妙法山          7:10/7:40
野谷荘司山        9:20
馬狩          11:10/12:05
白川郷合掌村      13:00

起床は昨日と同じ3時半。窓からは星が見えて今日も暑くなりそうだ。 私たちと同じ一階で寝ていた男性二人組が先に出発して行った。 昨日の話では、平瀬口を朝3時に登リ出して、この小屋に15時到着。 きつい行程を来ていると思っていた私達だが、彼らもまた負けていない。

ヘッドランプがいらなくなる頃を見計らって小屋を出た。 水場を過ぎて少し行くと、すぐに草ぼうぼうの道に変わり、一歩踏み出す度に小さな羽虫がブーンと舞い飛ぶ。 笹を掻き分け崩壊した斜面をトラバース気味に進んでいくのだが、 その掻き分けた笹を更に踏んでいくので足元が滑り、頼りない草の根を掴みながら冷や汗もので進んだ。


水場を過ぎた途端に道が悪くなり、嫌らしいトラバースになる

モミジカラマツが生い茂る獣道みたいな登山道

兎平は背丈ほどの笹で埋め尽くされようとしていた

どう見ても実線の道とは思えない。刈払いがまだなのか、もう整備されないのかが判らないが、 登山道は自然に還ろうとしていた。前を行く人はずっとブツブツ文句を言っているので、とりあえずそっと付いて行く。 草露のせいで、上着の腕からズボン、そして靴の中まで濡れねずみ。天気はいいのに勿体無い。


肩から下がぐしょ濡れ

2,3度の小沢を渡り

シンノ沢で先行者に追いつく

鉄製の橋がかかるシンノ沢で休んでいた先行の二人も疲れている顔だった。まだ暗い中でこの道だもの、そりゃそうだ。

念仏尾根に上がると、森林限界上の見晴らしが続く快適な道に変わった。

登山道もしっかりとしていて、もうあんな悪い道が現れないことを願って行く。

念仏尾根が続いている

空が広いのは気持ちがいい。道の脇に現われ出したササユリの可愛い姿に、うんざりしていた気持ちがすぐにほぐれた。

妙法山

東側が崩れ落ちたような山容をしてる。

妙法山までは尾根道を楽しみながら苦も無く登れた。 山頂からは青空と深山との間に、残雪でまだら模様の白山が連なって見えていた。

白山連峰を妙法山より見る。ここは360度の見晴らし抜群のピークだ。

展望を楽しんだ後、今日はグリーンだよ!の人から、みかんゼリーの配給。

はあ、うまい、のどが潤うなあ。

念仏尾根は樹林帯に入ることがほとんど無いので、心地よい天上散歩を楽しめるのだが、 その分まだ8時頃だというのに陽射しがきつくて暑い。

これから水場が無いので、ゴマ平で水をたくさん入れておいてよかった。


槍穂遠望 いつもと逆に見えているのが新鮮

カライトソウ 唐糸草 バラ科


コバギボウシ 小葉擬宝珠 ユリ科

遠く雲の下に見えるのは、もしかして白川郷?

登山道が低木帯に入ったと思ったら、若葉色の水苔に周囲を縁取られた美しい池が現われ、もうせん平という場所に出た。 池の名前は神庭池と言うらしく、山中にひっそりと青空を映すそのたたずまいが、さもありなんという雰囲気を漂わせていた。

神庭池(かんばいけ)

このもうせん平には、休憩に良い場所もあるし、ゆっくりして山の静さを味わうのもよいと思う。


もうせん平にキスゲ咲く

登山道には笹百合が続く


野谷荘司山(のだにしょうじやま)
縦走途中の平坦地って感じです

三方岩岳遠望
断崖絶壁は飛騨岩だ

ミヤマママコナ 深山飯子菜
ゴマノハグサ科

野谷荘司山を越え、馬狩荘司山との分岐にて、鶴平新道の長い下りに備えて靴紐を締め直す。 身を乗り出すと、ヤセ尾根上の登山道が麓へ落ちるように続いているのが見えている。 しばらくは暑い日差しの下は変わらなそうだ。 尾根の先を目で追っていくと緑野の中に集落が見えている。たぶん白川郷だ。


鶴平新道を馬狩(まがり)へ下る

尾根の先を拡大してみると・・白川郷合掌村

鶴平新道の出だしは切れ落ちているので慎重に。 けっこう長いヤセ尾根を下り続けてから樹林帯に入ると程なくしてブナの森になる。 雪国らしく根本が曲がったものばかりで、高く幹を伸ばし枝葉を広げたブナの登山道は、虫も少なく涼しげで心地よい道だった。


根曲がりのブナ

ブナの木漏れ日。もうすぐ山旅が終わる

シンノ沢でゴマ平避難小屋の二人を抜かしてからは人に出会うこともなく、 ずんずん下り続けていくと舗装された道が見え出し、結局、私達だけの北縦走路だった。

「おつかれさまでした。ようこそ白川郷へ。」

これには心底嬉しかった。下山口として使用する登山者なんて稀なのに、まるで私たちの為に設置してくれたかのようで、感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

舗装された道を左へ歩いていくと、 馬狩地区となり白山スーパー林道に出る。

対面の小さな合掌造りの無人案内所にはトイレが併設され外には水道もあった。

朝からぐしょぐしょに中が濡れていた靴を脱ぎ、足を洗ってサンダルに履き替えて落ち着く。 自販機を探し回ると、近くにあるトヨタ自然学校の中に売っていた。 案内所に戻って冷たい炭酸を一気飲み。

ぷは〜!、終わった、終わった。

さあ残りはCT1時間、車に注意しながらスーパー林道を歩いて白川郷へ。


白山スーパー林道 なんとか路肩を歩けます

対岸に白川郷が見えてきた 手前側はバスのロータリーです

観光客の車が行き交う
合掌村の入口へ

バスターミナルにザックを放って、つり橋を渡って合掌村へ。 温泉で三日間の垢を流してから、余った時間で合掌村をプチ観光。 初めての世界遺産が下山口だなんて面白い話だが、観光客で賑わう土産物屋が立ち並ぶ大通りを離れれば、 青々とした田んぼと合掌作りの民家は当たり前に美しく、こんな私でも心の奥底に眠る日本人ゆえの琴線に触れる景観が並んでいた。

まあ、単に「日本昔ばなし」で培われたイメージが強くあるだけかもしれないけどね。


合掌村の風景

田んぼと合掌作りが合うね

温泉も早い時間だったから空いていた。

飛騨牛コロッケを食べながらプチ散策。久しぶりの観光気分を味わう。

後は、15:35発の岐阜バスの高速バスに乗り、途中の「桜の郷荘川」(道の駅)で下車して、 予約していたタクシーに乗り換えて石徹白登山口まで。 登山口の駐車場に着く頃にはメーターは軽く1万円を超えていた。

カツと煮込みバークの定食

夕飯はどこで食べようかと車を走らせ続けたが、結局松本まで来てしまい山行後の定番となりつつある「十字路」にてパワーメニュー。 効率よく太られますな。

歩行距離の合計は50kmを超え、エアリア1枚分を歩き通した山行だった。 アプローチも一筋縄にはいかず、縦走力も必要なコースで万人にはオススメできないが、 たぶんもう歩かないだろう南縦走路・念仏尾根を好天で歩けたことはとても幸運だった。

花がたくさんで、まったりな山容をぽくぽく歩く、というイメージの白山とは全く違ったけれど、 今までの山行の中でも上位に来る素晴らしい3日間を過ごせた。山友と山とに感謝です。

HOME